ホーム > 書籍詳細:日本世間噺大系

日本世間噺大系

伊丹十三/著

693円(税込)

発売日:2005/07/01

書誌情報

読み仮名 ニホンセケンバナシタイケイ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-116735-0
C-CODE 0195
整理番号 い-80-5
ジャンル エッセー・随筆、評論・文学研究、ノンフィクション、ビジネス・経済
定価 693円

ねえ、知ってる? こんな話があるわけよ。「聞き書きの天才」による最高傑作、ついに登場! 男女問わず必読の「生理座談会」収録。

夫必読の生理座談会、読んだらキッチンに立ちたくなるプレーン・オムレツの作り方、ちょっと恐ろしくて背筋も伸びる整体師の話、天皇が隣のオジサンに見えてくる八瀬童子の座談会……etc。思わず膝を乗り出す世間噺を集大成。エッセイスト伊丹十三がどこかで見聞きした、あまりにもリアルで身につまされる味わい深いエッセイも多数収録。こんなに面白い話、聞いたことありますか?

著者プロフィール

伊丹十三

イタミ・ジュウゾウ

1933(昭和8)年映画監督伊丹万作の長男として京都に生まれる。映画俳優、デザイナー、エッセイスト、後に映画監督。TV番組、TVCMの名作にも数多く関わり、精神分析がテーマの雑誌「モノンクル」の編集長も務めた。翻訳者としての仕事もあり、料理の腕も一級だった。映画「お葬式」発表以降は映画監督が本業に。数々のヒット作を送り出した後、1997(平成9)年12月没。エッセイスト伊丹十三の魅力を一冊にまとめた『伊丹十三の本』(新潮社)がある。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

伊丹十三
登録
エッセー・随筆
登録
評論・文学研究
登録

書籍の分類