ホーム > 書籍詳細:天国旅行

天国旅行

三浦しをん/著

649円(税込)

発売日:2013/08/01

書誌情報

読み仮名 テンゴクリョコウ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-116762-6
C-CODE 0193
整理番号 み-34-12
ジャンル 文芸作品、文学賞受賞作家
定価 649円
電子書籍 価格 605円
電子書籍 配信開始日 2014/10/24

愛の果ての、救いを求めて。40万部突破『きみはポラリス』に続く人生が愛おしくなる7つの物語。

現実に絶望し、道閉ざされたとき、人はどこを目指すのだろうか。すべてを捨てて行き着く果てに、救いはあるのだろうか。富士の樹海で出会った男の導き、命懸けで結ばれた相手へしたためた遺言、前世の縁を信じる女が囚われた黒い夢、一家心中で生き残った男の決意──。出口のない日々に閉じ込められた想いが、生と死の狭間で溶け出していく。すべての心に希望が灯る傑作短編集。

  • テレビ化
    女性作家ミステリーズ 美しき三つの嘘(2016年1月放映)
目次
森の奥
遺言
初盆の客
君は夜

星くずドライブ
SINK
解説 角田光代

著者プロフィール

三浦しをん

ミウラ・シヲン

1976(昭和51)年、東京生れ。早稲田大学第一文学部卒業。2000(平成12)年、書下ろし長篇小説『格闘する者に○(まる)』でデビュー。以後、『月魚』『秘密の花園』『私が語りはじめた彼は』などの小説を発表。『乙女なげやり』『あやつられ文楽鑑賞』『悶絶スパイラル』『本屋さんで待ちあわせ』『ぐるぐる♡博物館』など、エッセイ集も注目を集める。2006年『まほろ駅前多田便利軒』で直木賞、2012年『舟を編む』で本屋大賞、2015年『あの家に暮らす四人の女』で織田作之助賞を受賞。他に小説『むかしのはなし』『風が強く吹いている』『きみはポラリス』『仏果を得ず』『光』『神去なあなあ日常』『天国旅行』『木暮荘物語』『政と源』などがある。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

三浦しをん
登録
文芸作品
登録
文学賞受賞作家
登録

書籍の分類