ホーム > 書籍詳細:死ぬことと見つけたり〔下〕

死ぬことと見つけたり〔下〕

隆慶一郎/著

781円(税込)

発売日:1994/09/01

書誌情報

読み仮名 シヌコトトミツケタリ2
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-117419-8
C-CODE 0193
整理番号 り-2-9
ジャンル 文芸作品、歴史・時代小説
定価 781円
電子書籍 価格 693円
電子書籍 配信開始日 2013/01/01

己が奉じる志、己が恃む義に殉ずる。葉隠武士から男のロマンを問う傑作時代長編!

鍋島藩に崩壊の兆しあり。藩主勝茂が孫の光茂を嫡子としたためだ。藩内に燻る不満を抑え切るには、光茂では器量が小さすぎた。老中松平信綱は、不満分子と結び、鍋島藩解体を画策する。信綱の陰謀を未然に潰そうと暗躍する杢之助たち。勝茂は死に際し、佐賀鍋島藩存続のため信綱の弱みを掴め、と最期の望みを託した! 男の死に方を問う葉隠武士道をロマンとして甦らせた時代長編。

著者プロフィール

隆慶一郎

リュウ・ケイイチロウ

(1923-1989)東京生れ。東大文学部仏文科卒。在学中、辰野隆、小林秀雄に師事する。編集者を経て、大学で仏語教師を勤める。中央大学助教授を辞任後、本名・池田一朗名で脚本家として活躍。映画「にあんちゃん」の脚本でシナリオ作家協会賞受賞。1984年、『吉原御免状』で作家デビュー。1989年には『一夢庵風流記』で柴田錬三郎賞を受賞。時代小説界に一時代を画すが、わずか5年の作家活動で急逝。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

隆慶一郎
登録
文芸作品
登録
歴史・時代小説
登録

書籍の分類