ホーム > 書籍詳細:オドオドの頃を過ぎても

オドオドの頃を過ぎても

阿川佐和子/著

572円(税込)

発売日:2006/12/01

書誌情報

読み仮名 オドオドノコロヲスギテモ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-118452-4
C-CODE 0195
整理番号 あ-50-2
ジャンル エッセー・随筆、ノンフィクション、ビジネス・経済
定価 572円

はじめオドオド、それからドキドキ。最後は開き直ってドオドオ突進。素顔がのぞくエッセイ集。

嫌われるのが怖くて、バカにされるのが嫌で、いつもオドオド。それなのに好奇心は強く、おだてに弱く、気がつくと後先考えず一気に突進――。そんなサワコが、小心な自分をドオドオと励まし、人間と本に大胆に踏み込んで、その魅力をぐっと掴み取ったインタビューと書評の数々。出会った相手への、新鮮な驚き、素直な感動、豊かな共感が、瑞々しくきらめく。読み応え満点のエッセイ集。

著者プロフィール

阿川佐和子

アガワ・サワコ

1953年東京生まれ。報道番組のキャスターを務めた後に渡米。帰国後、エッセイスト、小説家として活躍。『ああ言えばこう食う』(檀ふみとの共著)で講談社エッセイ賞、『ウメ子』で坪田譲治文学賞、『婚約のあとで』で島清恋愛文学賞を受賞。他に『うからはらから』『正義のセ』『聞く力』など。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

阿川佐和子
登録
エッセー・随筆
登録

書籍の分類