ホーム > 書籍詳細:三好達治詩集

三好達治詩集

三好達治/著 、河盛好蔵/編

539円(税込)

発売日:1951/02/10

書誌情報

読み仮名 ミヨシタツジシシュウ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-119801-9
C-CODE 0192
整理番号 み-4-1
ジャンル 詩歌
定価 539円

――淡くかなしきもののふるなり/紫陽花いろのもののふるなり/はてしなき並樹のかげを/そうそうと風のふくなり――秋風が木の葉をまくように、青春の日の悲しい憧憬と、深い孤独感をたたえた処女詩集『測量船』に始まり、あらゆる題材を自由自在に歌いあげた『駱駝の瘤にまたがつて』まで。澄み切った知性で、漂泊の世の風景をとらえた詩業を集大成する。

著者プロフィール

三好達治

ミヨシ・タツジ

(1900-1964)大阪市生れ。東京帝大仏文科在学中、梶井基次郎らの「青空」同人となる。1930(昭和5)年第一詩集『測量船』を刊行。日本の伝統詩と西欧近代詩が融合した、新しい抒情詩人としての名声を決定づけた。『一点鐘』『花筐』『駱駝の瘤にまたがつて』などの詩集の他、「萩原朔太郎」など評論も多く、翻訳には『巴里の憂鬱』『昆虫記』などがある。

河盛好蔵

カワモリ・ヨシゾウ

(1902-2000)大阪府堺市生れ。1928(昭和3)年から二年間フランスに留学、主にモラリスト文学を研究。帰国後、長らく東京教育大、共立女子大等で教鞭をとる。モロワをはじめとする多数の訳業のほか、明朗・快活な人生論、女性論で人気を博した。代表作には『フランス文壇史』(読売文学賞)、『パリの憂愁』(大佛次郎賞)、『藤村のパリ』(読売文学賞)等。1988年、文化勲章受章。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

三好達治
登録
河盛好蔵
登録
詩歌
登録

書籍の分類