ホーム > 書籍詳細:杉原千畝―情報に賭けた外交官―

杉原千畝―情報に賭けた外交官―

白石仁章/著

605円(税込)

発売日:2015/10/01

書誌情報

読み仮名 スギハラチウネジョウホウニカケタガイコウカン
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-120066-8
C-CODE 0131
整理番号 し-79-1
ジャンル ノンフィクション、日本史
定価 605円
電子書籍 価格 605円
電子書籍 配信開始日 2016/03/18

六千人のユダヤ人を救った男は、稀代の〈情報のプロ〉だった。圧巻のノンフィクション!

第二次世界大戦下、ユダヤ難民に日本のヴィザを発給し、六千人の命を救った外交官・杉原千畝。彼はなぜ、政府の命令に背いて「命のヴィザ」を出し続けることができたのか――。そこには、世界情勢を読み解き、綱渡りの駆け引きに挑む〈情報のプロフェッショナル〉の素顔が隠されていた。〈外務省のトレジャー・ハンター〉が放つ、渾身のノンフィクション! 『諜報の天才 杉原千畝』改題。

目次
 プロローグ 杉原の耳は長かった
第一章 インテリジェンス・オフィサー誕生す
第二章 満洲国外交部と北満鉄道譲渡交渉
第三章 ソ連入国拒否という謎
第四章 バルト海のほとりへ
第五章 リトアニア諜報網
第六章 「命のヴィザ」の謎に迫る
第七章 プラハでも発給し続けたヴィザ
第八章 凄腕外交官の真骨頂
 エピローグ インテリジェンス・オフィサーの無念
 おわりに
 杉原千畝関連年表/主要参考文献一覧
解説 手嶋龍一

著者プロフィール

白石仁章

シライシ・マサアキ

1963(昭和38)年、東京生れ。上智大学大学院史学専攻博士課程修了。在学中の1989(平成元)年より外務省外交史料館に勤務し、現在に至る。専門は日本外交史とインテリジェンス・システム論。特に杉原千畝研究は25年にわたって追い続けてきたテーマである。ほかの著書に『プチャーチン――日本人が一番好きなロシア人』『六千人の命を救え! 外交官・杉原千畝』がある。

判型違い(単行本)

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

白石仁章
登録
日本史
登録

書籍の分類