ホーム > 書籍詳細:手のひらの音符

手のひらの音符

藤岡陽子/著

693円(税込)

発売日:2016/09/01

書誌情報

読み仮名 テノヒラノオンプ
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-120561-8
C-CODE 0193
整理番号 ふ-53-1
ジャンル 文芸作品
定価 693円
電子書籍 価格 693円
電子書籍 配信開始日 2017/02/17

あの人、今頃どこで何をしてるんだろう――。そう思い出す〈誰か〉がいる、すべての人へ!

デザイナーの水樹は、自社が服飾業から撤退することを知らされる。45歳独身、何より愛してきた仕事なのに……。途方に暮れる水樹のもとに中高の同級生・憲吾から、恩師の入院を知らせる電話が。お見舞いへと帰省する最中、懐かしい記憶が甦る。幼馴染の三兄弟、とりわけ、思い合っていた信也のこと。〈あの頃〉が、水樹に新たな力を与えてくれる――。人生に迷うすべての人に贈る物語!

担当編集者のひとこと

人生に迷って、思い出した。もう一度会いたい人を。

あの人、今頃どこで何してるんだろう――と思ったとき、それを知る方法は昔よりも増えたように思います。Facebook、twitter、LINEの「知り合いかも?」の表示などなど。さまざまなツールで、もう会うこともない人の〈いま〉を知ることが容易になった時代にも、どうしても消息が分からない人もいます。そんな〈誰か〉がいる方に、ぜひ読んでいただきたい一冊です。

2016/09/02

どういう本?

装幀

人形作家・にしおゆきさんに、本書のために作っていただいた陶製の人形を使っています。主人公の水樹は服飾デザイナーなので、腕にはピンクッションが。

ランキング

紀伊國屋書店の「キノベス!2015」第13位

一行に出会う

人はいつだって、知らない間に一生のさよならをしている。(本書24ぺージ)

著者プロフィール

藤岡陽子

フジオカ・ヨウコ

1971(昭和46)年、京都生れ。同志社大学文学部卒業。報知新聞社にスポーツ記者として勤務。退社後、タンザニア・ダルエスサラーム大学に留学。帰国後に小説の執筆を始め、2006(平成18)年「結い言」で北日本文学賞選奨を受賞。2009年『いつまでも白い羽根』でデビュー。ほかの著書に『トライアウト』『波風』『おしょりん』『テミスの休息』などがある。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

藤岡陽子
登録
文芸作品
登録

書籍の分類