ホーム > 書籍詳細:薬屋のタバサ

薬屋のタバサ

東直子/著

572円(税込)

発売日:2017/08/01

書誌情報

読み仮名 クスリヤノタバサ
装幀 はやしはなこ/カバー装画、新潮社装幀室/デザイン
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-120981-4
C-CODE 0193
整理番号 ひ-42-1
ジャンル 文芸作品
定価 572円
電子書籍 価格 572円
電子書籍 配信開始日 2018/01/26

ここは、孤独を持ち寄る町――。ともに暮らす、夫婦でも恋人でも友人でもない男女の物語。

平穏な時間。それ以外に欲しいものなんて何もない――。山崎由実はすべてを捨てて家を飛び出し、知らない町の古びた薬屋に辿り着いた。店主の平山タバサは、由実を薬局の手伝いと家事全般の担い手として住み込みで雇ってくれた。見ず知らずのわたしを、なぜ……。謎めいたタバサの本心はわからぬままだが、由実は次第に新しい生活に慣れてゆく。誰しもがもつ孤独をたおやかに包み込む長編小説。

著者プロフィール

東直子

ヒガシ・ナオコ

1963(昭和38)年、広島生れ。1996(平成8)年「草かんむりの訪問者」で第7回歌壇賞を受賞。2006年『長崎くんの指』で小説デビュー。2016年に『いとの森の家』で第31回坪田譲治文学賞を受賞。ほかの著書に、歌集『十階』、小説『とりつくしま』『さようなら窓』『いつか来た町』『晴れ女の耳』、エッセイ集『千年ごはん』『七つ空、二つ水』などがある。

直久(なおきゅう) (外部リンク)

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

東直子
登録
文芸作品
登録

書籍の分類