ホーム > 書籍詳細:私と踊って

私と踊って

恩田陸/著

737円(税込)

発売日:2015/05/01

書誌情報

読み仮名 ワタシトオドッテ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-123423-6
C-CODE 0193
整理番号 お-48-12
ジャンル 文芸作品
定価 737円
電子書籍 価格 693円
電子書籍 配信開始日 2015/10/23

ミステリ、SF、ショートショート、ホラー。彩り豊かに味わい異なる全十九編の万華鏡。

パーティ会場でぽつんとしていた私に、不思議な目をした少女が突然声をかける。いつのまにか彼女に手をひかれ、私は光の中で飛び跳ねていた。孤独だけれど、独りじゃないわ。たとえ世界が終わろうと、ずっと私を見ていてくれる? ――稀代の舞踏家ピナ・バウシュをモチーフにした表題作ほか、ミステリからSF、ショートショート、ホラーまで、彩り豊かに味わい異なる19編の万華鏡。

目次
心変わり
骰子(さいころ)の七の目
忠告
弁明
少女界曼荼羅(まんだら)
協力
思い違い
台北小夜曲(タイペイセレナーデ)
理由
火星の運河
死者の季節
劇場を出て
二人でお茶を
聖なる氾濫(はんらん)
海の泡より生まれて
茜(あかね)さす
私と踊って
 あとがき
東京の日記
交信

まとめテーマでくくる 本選びのヒント

著者プロフィール

恩田陸

オンダ・リク

1964(昭和39)年、宮城県出身。早稲田大学卒。1992(平成4)年、日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作となった『六番目の小夜子』でデビュー。2005年『夜のピクニック』で吉川英治文学新人賞、本屋大賞を、2006年『ユージニア』で日本推理作家協会賞を、2007年『中庭の出来事』で山本周五郎賞を、2017年『蜜蜂と遠雷』で直木賞と2度目の本屋大賞をそれぞれ受賞した。ホラー、SF、ミステリーなど、さまざまなタイプの小説で才能を発揮している。著書に、『三月は深き紅の淵を』『光の帝国常野物語』『ライオンハート』『私と踊って』『夜の底は柔らかな幻』『スキマワラシ』『灰の劇場』などがある。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

恩田陸
登録
文芸作品
登録

書籍の分類