ホーム > 書籍詳細:黒祠の島

黒祠の島

小野不由美/著

825円(税込)

発売日:2007/07/01

書誌情報

読み仮名 コクシノシマ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-124028-2
C-CODE 0193
整理番号 お-37-8
ジャンル ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
定価 825円

風車が葬送曲を奏で、闇の主神が死を司る。禁断の島へようこそ。絶賛を浴びた、長篇ミステリ!

「そう――ここは黒祠なのですよ」近代国家が存在を許さなかった“邪教”が伝わる、夜叉島。式部剛は失踪した作家・葛木志保の姿を追い求め、その地に足を踏み入れた。だが余所者を忌み嫌う住民は口を閉ざし、調査を妨害するのだった。惨事の名残を留める廃屋。神域で磔にされていた女。島は、死の匂いに満ちていた。闇を統べるのは何者なのか? 式部が最後に辿り着いた真実とは。

著者プロフィール

小野不由美

オノ・フユミ

大分県中津市生れ。大谷大学在学中に京都大学推理小説研究会に在籍。「東亰異聞」が1993(平成5)年、日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作となり、話題を呼ぶ。2013年、『残穢』で山本周五郎賞受賞。著書に『魔性の子』『月の影 影の海』などの〈十二国記〉シリーズ、〈ゴーストハント〉シリーズ、『屍鬼』『黒祠の島』『鬼談百景』『営繕かるかや怪異譚』などがある。

小野不由美「十二国記」新潮社公式サイト (外部リンク)

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

小野不由美
登録
ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
登録

書籍の分類