ホーム > 書籍詳細:残穢

残穢

小野不由美/著

693円(税込)

発売日:2015/08/01

書誌情報

読み仮名 ザンエ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-124029-9
C-CODE 0193
整理番号 お-37-9
ジャンル SF・ホラー・ファンタジー
定価 693円

小野不由美原作、初の映画化! 山本周五郎賞受賞、戦慄のドキュメンタリー・ホラー長編。

この家は、どこか可怪(おか)しい。転居したばかりの部屋で、何かが畳を擦る音が聞こえ、背後には気配が……。だから、人が居着かないのか。何の変哲もないマンションで起きる怪異現象を調べるうち、ある因縁が浮かび上がる。かつて、ここでむかえた最期とは。怨みを伴う死は「穢(けが)れ」となり、感染は拡大するというのだが――山本周五郎賞受賞、戦慄の傑作ドキュメンタリー・ホラー長編!

  • 受賞
    第26回 山本周五郎賞
  • 映画化
    残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―(2016年1月公開)
目次
一 端緒
二 今世紀
三 前世紀
四 高度成長期
五 戦後期I
六 戦後期II
七 戦前
八 明治大正期
九 残渣
解説 中島晶也

まとめテーマでくくる 本選びのヒント

どういう本?

一行に出会う

――この物音は、何か可怪(おか)しい。(本書30ぺージ)

著者プロフィール

小野不由美

オノ・フユミ

大分県中津生れ。大谷大学在学中に京都大学推理小説研究会に在籍。「東亰異聞」が1993(平成5)年、日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作となり、話題を呼ぶ。2013年、『残穢』で山本周五郎賞受賞。著書に『魔性の子』『月の影 影の海』などの〈十二国記〉シリーズ、〈ゴーストハント〉シリーズ、『屍鬼』『黒祠の島』『鬼談百景』『営繕かるかや怪異譚』などがある。

小野不由美「十二国記」新潮社公式サイト (外部リンク)

判型違い(単行本)

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

小野不由美
登録
SF・ホラー・ファンタジー
登録

書籍の分類