ホーム > 書籍詳細:竹光始末

竹光始末

藤沢周平/著

649円(税込)

発売日:1981/11/25

書誌情報

読み仮名 タケミツシマツ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-124702-1
C-CODE 0193
整理番号 ふ-11-2
ジャンル 文芸作品、歴史・時代小説、文学賞受賞作家
定価 649円
電子書籍 価格 528円
電子書籍 配信開始日 2011/10/14

世の中変っても、変らないのは男の心――。一家の糊口を凌ぐために刀を売り、竹光を腰に仕官の条件である上意討へと向う浪人の心意気『竹光始末』。口喧しい女房を尻目に、藩の危機を未然に防ぐ一刀流剣士の手柄『恐妻の剣』。他に『石を抱く』『冬の終りに』等、小説巧者・藤沢周平が、世の片隅で生きる男たちの意地と度胸を、ユーモラスに、陰翳豊かに描く傑作時代小説、全6編。

著者プロフィール

藤沢周平

フジサワ・シュウヘイ

(1927-1997)山形県生れ。山形師範卒業後、結核を発病。上京して五年間の闘病生活をおくる。1971(昭和46)年、「溟い海」でオール讀物新人賞を、1973年、「暗殺の年輪」で直木賞を受賞。時代小説作家として、武家もの、市井ものから、歴史小説、伝記小説まで幅広く活躍。『用心棒日月抄』シリーズ、『密謀』、『白き瓶』(吉川英治文学賞)、『市塵』(芸術選奨文部大臣賞)など、作品多数。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

藤沢周平
登録
文芸作品
登録
歴史・時代小説
登録
文学賞受賞作家
登録

書籍の分類