ホーム > 書籍詳細:春秋山伏記

春秋山伏記

藤沢周平/著

605円(税込)

発売日:1984/02/28

書誌情報

読み仮名 シュンジュウヤマブシキ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-124708-3
C-CODE 0193
整理番号 ふ-11-8
ジャンル 文学賞受賞作家
定価 605円
電子書籍 価格 572円
電子書籍 配信開始日 2011/11/11

村の難事を祈祷で収める、心優しき剛の者。山形・荘内地方の修験者の活躍を描く異色時代長編。

白装束に高足駄、髭面で好色そうな大男が、羽黒山からやって来た。はじめ彼は村びとから危険視され、うさん臭く思われていたが、子供の命を救ったり、娘の病気を直したりするうち、次第に畏怖と尊敬の眼差を集めるようになった……。年若い里山伏と村びとの織りなすユーモラスでエロティックな人間模様のうちに、著者の郷里山形県荘内地方に伝わる習俗を小説化した異色の時代長編。

目次
験試し
狐の足あと
火の家
安蔵の嫁
人攫い
あとがき

解説 藤田昌司

著者プロフィール

藤沢周平

フジサワ・シュウヘイ

(1927-1997)山形県生れ。山形師範卒業後、結核を発病。上京して五年間の闘病生活をおくる。1971(昭和46)年、「溟い海」でオール讀物新人賞を、1973年、「暗殺の年輪」で直木賞を受賞。時代小説作家として、武家もの、市井ものから、歴史小説、伝記小説まで幅広く活躍。『用心棒日月抄』シリーズ、『密謀』、『白き瓶』(吉川英治文学賞)、『市塵』(芸術選奨文部大臣賞)など、作品多数。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

藤沢周平
登録
文学賞受賞作家
登録

書籍の分類