ホーム > 書籍詳細:霜の朝

霜の朝

藤沢周平/著

693円(税込)

発売日:1987/02/25

書誌情報

読み仮名 シモノアサ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-124717-5
C-CODE 0193
整理番号 ふ-11-17
ジャンル 文芸作品、歴史・時代小説、文学賞受賞作家
定価 693円
電子書籍 価格 616円
電子書籍 配信開始日 2012/03/09

紀文vs.奈良茂。巨万の富を得た豪商が繰り広げる、プライドをかけた闘い。藤沢文学の傑作11篇。

その財力を賭けて粋を競った相手の紀ノ国屋文左衛門は、悪銭廃止令によって没落した。勝ち残った奈良屋茂左衛門の胸を一陣の風が吹き抜けていった。紀文と共に一つの時代が過ぎていったようだ……(表題作「霜の朝」)。ほかに、若い武家夫婦の無念を晴らす下男の胸中(「報復」)や、意に染まぬ結婚をした女のあわれ
(「歳月」)等、人の心に潜む愛と孤独を、円熟した筆に綴った時代小説傑作集。

著者プロフィール

藤沢周平

フジサワ・シュウヘイ

(1927-1997)山形県生れ。山形師範学校(現在の山形大学)卒。中学の教員、業界紙の記者を経て、1971年「溟い海」でオール讀物新人賞を受賞し作家デビュー。1973年「暗殺の年輪」で直木賞を、1986年『白き瓶』で吉川英治文学賞を、1989年、作家生活全体の功績に対して菊池寛賞を、1990年『市塵』で芸術選奨文部大臣賞を、1994年、朝日賞、東京都文化賞を受賞。1995年、紫綬褒章を受章。1997年、山形県県民栄誉賞を受賞、鶴岡市から「顕彰の記」が贈られた。2010年、「鶴岡市立藤沢周平記念館」が開館。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

藤沢周平
登録
文芸作品
登録
歴史・時代小説
登録
文学賞受賞作家
登録

書籍の分類