ホーム > 書籍詳細:遥かなるケンブリッジ―一数学者のイギリス―

遥かなるケンブリッジ―一数学者のイギリス―

藤原正彦/著

572円(税込)

発売日:1994/07/01

書誌情報

読み仮名 ハルカナルケンブリッジイチスウガクシャノイギリス
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-124804-2
C-CODE 0130
整理番号 ふ-12-4
ジャンル エッセー・随筆、ビジネス・経済
定価 572円
電子書籍 価格 572円
電子書籍 配信開始日 2016/06/24

「一応ノーベル賞はもらっている」こんな学者が闊歩する伝統の学府ケンブリッジ。家族と共に始めた一年間の研究滞在は平穏無事……どころではない波瀾万丈の日々だった。通じない英語。まずい食事。変人めいた教授陣とレイシズムの思わぬ噴出。だが、身を投げ出してイギリスと格闘するうちに見えてきたのは、奥深く美しい文化と人間の姿だった。感動を呼ぶドラマティック・エッセイ。

著者プロフィール

藤原正彦

フジワラ・マサヒコ

1943(昭和18)年、旧満州新京生れ。東京大学理学部数学科大学院修士課程修了。お茶の水女子大学名誉教授。1978年、数学者の視点から眺めた清新な留学記『若き数学者のアメリカ』で日本エッセイスト・クラブ賞を受賞、ユーモアと知性に根ざした独自の随筆スタイルを確立する。著書に『遥かなるケンブリッジ』『父の威厳 数学者の意地』『心は孤独な数学者』『国家の品格』『この国のけじめ』『名著講義』(文藝春秋読者賞受賞)『ヒコベエ』『日本人の誇り』『孤愁 サウダーデ』(新田次郎との共著、ロドリゲス通事賞受賞)『日本人の矜持』『藤原正彦、美子のぶらり歴史散歩』『国家と教養』等。新田次郎と藤原ていの次男。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

藤原正彦
登録
エッセー・随筆
登録
ビジネス・経済
登録

書籍の分類