ホーム > 書籍詳細:古風堂々数学者

人間は「忘れられないこと」で出来ている。情にもろく義に厚い、数学者のエッセイ集。

古風堂々数学者

藤原正彦/著

464円(税込)

本の仕様

発売日:2003/05/01

読み仮名 コフウドウドウスウガクシャ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-124807-3
C-CODE 0195
整理番号 ふ-12-7
ジャンル エッセー・随筆、評論・文学研究、ノンフィクション、ビジネス・経済
定価 464円
電子書籍 価格 518円
電子書籍 配信開始日 2016/06/24

(1)武士道精神を愛して卑怯を憎み、(2)他人の向上に熱心な性向をもち、(3)論理的、合理的でないものを尊ぶ情緒の国に生まれたことを誇りとする、情に棹さしてばかりの数学者は、いかにして誕生したか。独特の〈教育論〉〈文化論〉、十八番の〈家族もの〉、皆が貧しかった時代の少年期に(1)~(3)を血肉にしていく経緯を活写した中編等、論理の美しさとユーモアが見事に和した、48編の傑作エッセイ。

著者プロフィール

藤原正彦 フジワラ・マサヒコ

1943(昭和18)年、旧満州新京生れ。東京大学理学部数学科大学院修士課程修了。お茶の水女子大学名誉教授。1978年、数学者の視点から眺めた清新な留学記『若き数学者のアメリカ』で日本エッセイスト・クラブ賞を受賞、ユーモアと知性に根ざした独自の随筆スタイルを確立する。著書に『遥かなるケンブリッジ』『父の威厳 数学者の意地』『心は孤独な数学者』『国家の品格』『この国のけじめ』『名著講義』(文藝春秋読者賞受賞)『ヒコベエ』『日本人の誇り』『孤愁 サウダーデ』(新田次郎との共著、ロドリゲス通事賞受賞)『日本人の矜持』『藤原正彦、美子のぶらり歴史散歩』『国家と教養』等。新田次郎と藤原ていの次男。

感想を送る

新刊お知らせメール

藤原正彦
登録する
エッセー・随筆
登録する
評論・文学研究
登録する

書籍の分類

この分類の本

古風堂々数学者

以下のネット書店よりご購入ください。

※ 詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

電子書店

Shincho Live!