ホーム > 書籍詳細:日本人の矜持―九人との対話―

読書せぬ者は人にあらず、ケダモノなり。日本人必読の一冊。

日本人の矜持―九人との対話―

藤原正彦/著

562円(税込)

本の仕様

発売日:2010/01/01

読み仮名 ニホンジンノキョウジキュウニントノタイワ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-124810-3
C-CODE 0195
整理番号 ふ-12-10
ジャンル 評論・文学研究
定価 562円

国家は将来ある子供たちの芽を摘もうとしている。英語早期教育、薄い国語教科書、愚かな平等教育、歪んだ個性の尊重──。真に身につけるべきは、読書による国語力、基礎の反復訓練による我慢力、儚いものの美を感得する感受性、歌う心、卑怯を憎む心。そして、大人たちは、カネと論理を妄信するアメリカ化を避けねばならない。碩学賢者九名が我らが藤原先生と縦横無尽に語り合う。

著者プロフィール

藤原正彦 フジワラ・マサヒコ

1943(昭和18)年、旧満州新京生れ。東京大学理学部数学科大学院修士課程修了。お茶の水女子大学名誉教授。1978年、数学者の視点から眺めた清新な留学記『若き数学者のアメリカ』で日本エッセイスト・クラブ賞を受賞、ユーモアと知性に根ざした独自の随筆スタイルを確立する。著書に『遥かなるケンブリッジ』『父の威厳 数学者の意地』『心は孤独な数学者』『国家の品格』『この国のけじめ』『名著講義』(文藝春秋読者賞受賞)『ヒコベエ』『日本人の誇り』『孤愁 サウダーデ』(新田次郎との共著、ロドリゲス通事賞受賞)『日本人の矜持』『藤原正彦、美子のぶらり歴史散歩』『国家と教養』等。新田次郎と藤原ていの次男。

目次

齋藤孝(教育学者・明治大学教授)
「日本人らしさ」をつくる日本語教育

中西輝政(国際政治学者・京都大学教授)
論理を盲信しないイギリスに学べること

曽野綾子(作家)
真実を述べる勇気(アレーテー)を持つ日本人に

山田太一(脚本家・作家)
人間の弱さを感じること 傷つくことで得る豊かさ

佐藤優(起訴休職外務事務官・作家)
アンテナが壊れシグナルが読み取れない日本

五木寛之(作家)
昔の流行歌には「歌謡の品格」があった

ビートたけし(映画監督・タレント)
人生すべてイッツ・ソー・イージー

佐藤愛子(作家)
心があるから態度に出る 誇りが育む祖国愛

阿川弘之(作家)
「たかが経済」といえる文化立国を
あとがき

感想を送る

新刊お知らせメール

藤原正彦
登録する
評論・文学研究
登録する

書籍の分類

この分類の本