ホーム > 書籍詳細:白い夏の墓標

白い夏の墓標

帚木蓬生/著

605円(税込)

発売日:1983/01/27

書誌情報

読み仮名 シロイナツノボヒョウ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-128801-7
C-CODE 0193
整理番号 は-7-1
ジャンル ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
定価 605円
電子書籍 価格 605円
電子書籍 配信開始日 2014/11/14

ウィルスに憑かれた男。医学の闇を突く、作家・帚木蓬生の原点。

パリで開かれた肝炎ウィルス国際会議に出席した佐伯教授は、アメリカ陸軍微生物研究所のベルナールと名乗る見知らぬ老紳士の訪問を受けた。かつて仙台で机を並べ、その後アメリカ留学中に事故死した親友黒田が、実はフランスで自殺したことを告げられたのだ。細菌学者の死の謎は真夏のパリから残雪のピレネーへ、そして二十数年前の仙台へと遡る。抒情と戦慄のサスペンス。

目次
第一章 吸着(アタッチメント)
第二章 侵入(ペネトレーション)
第三章 脱殻(アンコーティング)
第四章 転写(トランスクリプション)
第五章 成熟(マチュレーション)
第六章 放出(リリース)
解説 高見浩

著者プロフィール

帚木蓬生

ハハキギ・ホウセイ

1947年、福岡県生れ。精神科医。東京大学仏文科卒業後、TBSに勤務。2年で退職し、九州大学医学部に学ぶ。1993年『三たびの海峡』で吉川英治文学新人賞、1995年『閉鎖病棟』で山本周五郎賞、1997年『逃亡』で柴田錬三郎賞、2010年『水神』で新田次郎文学賞、2011年『ソルハ』で小学館児童出版文化賞、2012年『蠅の帝国』『蛍の航跡』の「軍医たちの黙示録」二部作で日本医療小説大賞、2013年『日御子』で歴史時代作家クラブ賞作品賞、2018年『守教』で吉川英治文学賞および中山義秀文学賞をそれぞれ受賞。『国銅』『風花病棟』『天に星 地に花』『受難』『悲素』『襲来』といった小説のほか、新書、選書、児童書などにも多くの著作がある。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

帚木蓬生
登録
ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
登録

書籍の分類