ホーム > 書籍詳細:天国はまだ遠く

天国はまだ遠く

瀬尾まいこ/著

539円(税込)

発売日:2006/11/01

書誌情報

読み仮名 テンゴクハマダトオク
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-129771-2
C-CODE 0193
整理番号 せ-12-1
ジャンル 文芸作品
定価 539円
電子書籍 価格 407円
電子書籍 配信開始日 2008/03/28

無器用にしか生きられないあなたに贈る清爽な旅立ちの物語。

仕事も人間関係もうまくいかず、毎日辛くて息が詰りそう。23歳の千鶴は、会社を辞めて死ぬつもりだった。辿り着いた山奥の民宿で、睡眠薬を飲むのだが、死に切れなかった。自殺を諦めた彼女は、民宿の田村さんの大雑把な優しさに癒されていく。大らかな村人や大自然に囲まれた充足した日々。だが、千鶴は気づいてしまう、自分の居場所がここにないことに。心にしみる清爽な旅立ちの物語。

  • 映画化
    天国はまだ遠く(2008年11月公開)

著者プロフィール

瀬尾まいこ

セオ・マイコ

1974(昭和49)年、大阪府生れ。大谷女子大学国文科卒。2001(平成13)年、「卵の緒」で坊っちゃん文学賞大賞を受賞し、翌年、単行本『卵の緒』で作家デビュー。2005年、『幸福な食卓』で吉川英治文学新人賞、2008年、『戸村飯店 青春100連発』で坪田譲治文学賞、2019年、『そして、バトンは渡された』で本屋大賞を受賞する。他の作品に『天国はまだ遠く』『あと少し、もう少し』などがある。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

瀬尾まいこ
登録
文芸作品
登録

書籍の分類