ホーム > 書籍詳細:Life パパは心の中にいる

Life パパは心の中にいる

飯島寛子/著

398円(税込)

発売日:2011/03/01

書誌情報

読み仮名 ライフパパハココロノナカニイル
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-130374-1
C-CODE 0195
整理番号 い-82-11
ジャンル エッセー・随筆、ノンフィクション
定価 398円

末期ガンの日々を懸命に生き抜いた飯島夏樹。遺された妻と子供4人、涙と笑いの「それから」。

「パパはいいな~、先に天国行っちゃって……」。三歳の末っ子タマキが、笑顔でポツリと呟いた。世界的ウィンドサーファー飯島夏樹が、肝臓ガンで天国に召されたのは2005年2月。残された妻にはハワイで4人の子供を育てる日々が始まった。将来に対する不安、支え合いながら深まる家族の絆、そして夏樹の思い出。空から見守る夫のもとで綴った、明るく時に切ない子育て奮闘記。

目次
まえがき
第一章 夏樹が残した大切なもの
夏樹の心配/憧れの地/元気の源/ママ下さい/魔法の島/優しい潮風/私の分は?/別の顔/鏡の向こう/父親代わり?/パパは、ここの中にいる/決意表明/お受験/父の遺伝子/コナツの予言/喪失感/夜明けの伝言
第二章 妻として、母として
綱渡り/青天の霹靂/危機と克服/海に恋した/稀な性格/ビーチフロントの家/野生の王国/上がったり、下がったり/孤独を破るもの/嘘/夏樹のいたずら/証/痛みを覚えて……
第三章 風に吹かれて
大切なものって何だろう/緑のギブス/家族の夕方/家族旅行をありがとう/反省会/心落ち着くこと/あとの祭り/コナツの涙/パパが絶対来ない場所で/幸せの瞬間/バースデイウィーク/本物の飯島寛子さん?
あとがき
文庫版あとがき

著者プロフィール

飯島寛子

イイジマ・ヒロコ

1967(昭和42)年、東京生れ。大学在学中にプロ・ウィンドサーファー飯島夏樹と出会い、1990(平成2)年、結婚。夏樹が現役を退くまでの5年間、ワールド・ツアーに同行してサポートする。4人の子宝に恵まれるが、2002年に夏樹のガンが発覚。余命宣告を受けた本人の意向により家族全員でハワイに移住。2005年、夏樹は天国に召されるが、それ以降もハワイで子育てに奮闘する日々をブログで綴り、話題を呼んでいる。2008年からは日本向けハワイFM局のDJとして活躍。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

飯島寛子
登録
エッセー・随筆
登録

書籍の分類