ホーム > 書籍詳細:聖家族〔上〕

北の名家・狗塚家を巡る一大叙事詩。今年最高の本(2008年、「週刊現代」担当)第1位、BOOK JAPANベストブック(2008年)第2位。

聖家族〔上〕

古川日出男/著

907円(税込)

本の仕様

発売日:2014/02/01

読み仮名 セイカゾク1
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-130534-9
C-CODE 0193
整理番号 ふ-42-4
ジャンル 文芸作品
定価 907円

狗塚(いぬづか)羊二郎は囚われていた。殺人罪。死刑。なぜ彼は人を殺したのか。なぜ彼は殺人術を使えたのか──。聞こえてくる兄の声。妹の訪問。祖母が語る歴史。やがて過去、現在、未来は混濁し、青森の名家・狗塚家に記憶された東北の「正史(ヒストリー)」が紐解かれる。戦国時代から明治維新、戊辰戦争から太平洋戦争へ。時空を貫く血の系譜は、どこに向かう……? 狗塚三兄弟が疾走する「妄想の東北(とうほぐ)」。

著者プロフィール

古川日出男 フルカワ・ヒデオ

1966年、福島県生まれ。1998年『13』でデビュー。『アラビアの夜の種族』(2001)で日本推理作家協会賞および日本SF大賞、『LOVE』(2005)で三島由紀夫賞、『女たち三百人の裏切りの書』(2015)で野間文芸新人賞および読売文学賞を受賞。『平家物語』の現代語訳も手がけ、戯曲『冬眠する熊に添い寝してごらん』ならびに「ローマ帝国の三島由紀夫」は岸田賞の候補となった。他の作品に『聖家族』『馬たちよ、それでも光は無垢で』『ミライミライ』など。アメリカ、フランス、イギリス等、海外での評価も高い。『ミライミライ』の登場人物・三田村真(DJ産土)により編集されたアンソロジー『とても短い長い歳月 THE PORTABLE FURUKAWA』が2018年に刊行された。

目次

扉一
狗塚らいてうによる「おばあちゃんの歴史」
扉二
聖兄弟・1
地獄の図書館・白石
聖兄弟・2
地獄の図書館・大潟
聖兄弟・3
地獄の図書館・郡山
聖兄弟・4

関連書籍

判型違い

感想を送る

新刊お知らせメール

古川日出男
登録する
文芸作品
登録する

書籍の分類

この分類の本