ホーム > 書籍詳細:夜中にジャムを煮る

「不思議な満腹感が味わえる。」梨木香歩――つくるよろこびと食べるよろこびを綴る台所エッセイ。

夜中にジャムを煮る

平松洋子/著

693円(税込)

本の仕様

発売日:2011/12/01

読み仮名 ヨナカニジャムヲニル
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-131655-0
C-CODE 0177
整理番号 ひ-24-5
ジャンル エッセー・随筆
定価 693円

土鍋でつややかに炊きあがったご飯のありがたみ、かき混ぜる両手が決め手の韓国料理の味わい。夜のしじまに、甘やかに漂う出来たてのジャムの香り……。つくるよろこびと食べるよろこび、どちらも大切にできる場所。それが台所。そこでは、いつだって新しい発見と笑顔が満ちている。食材と調理道具への愛情を細やかに描き、私たちの日々の暮らしを潤す、台所をめぐる17のエッセイ。

著者プロフィール

平松洋子 ヒラマツ・ヨウコ

1958(昭和33)年、倉敷市生れ。東京女子大学卒業。エッセイスト。世界各地に取材し、食文化と暮らしをテーマに執筆している。著書に『夜中にジャムを煮る』『平松洋子の台所』『おいしい日常』『買物71番勝負』『買えない味』(Bunkamura ドゥマゴ文学賞受賞)、『おもたせ暦』『よい香りのする皿』『おんなのひとりごはん』『焼き餃子と名画座』『サンドウィッチは銀座で』『韓国むかしの味』『野蛮な読書』(講談社エッセイ賞受賞)、『なつかしいひと』『洋子さんの本棚』(小川洋子との共著)、『日本のすごい味 おいしさは進化する』『日本のすごい味 土地の記憶を食べる』ほか多数。

目次

I 台所でかんがえる
 こんなものを食べてきた

こんなものを食べてきた
わたしのだし取り物語
飲みたい気分
夏はやっぱりカレーです
ぴしり、塩かげん
今日は何も食べたくない
炭を熾す
 漆と別れる、出合う
 飲みたい気分
 夜中にジャムを煮る
II 鍋のなかをのぞく
 わたしのだし取り物語
 ぴしり、塩かげん
 おいしいごはんが炊きたい
 手でつくる――韓国の味
 手でつくる――うちの味
 旅日記・韓国のごはん
III わたしの季節の味
 お茶にしましょ
 夏はやっぱりカレーです
 麺をつるつるっ
 蒸しもの名人になりたい
 炭を熾す
IV いっしょでも、ひとりでも
 今日は何も食べたくない
 ひとりで食べる、誰かと食べる
料理説明&レシピ
本書に登場した道具・店舗の問い合わせ先

解説 五感の閉じ方・開き方 梨木香歩

感想を送る

新刊お知らせメール

平松洋子
登録する
エッセー・随筆
登録する

書籍の分類

この分類の本

夜中にジャムを煮る

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto