ホーム > 書籍詳細:味なメニュー

味なメニュー

平松洋子/著

693円(税込)

発売日:2018/12/01

書誌情報

読み仮名 アジナメニュー
装幀 マメイケダ/カバー装画・描き文字、新潮社装幀室/デザイン
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-131657-4
C-CODE 0195
整理番号 ひ-24-7
ジャンル グルメ、グルメ
定価 693円

老舗名店から人気居酒屋まで、店の顔=品書きから味の秘密に迫るドキュメンタリー。

変わらぬ味を守る老舗洋食屋のシンプルな品書き、大衆酒場の常連が秘密の暗号のように呼ぶ一皿の正体、行き交う客を日々見つめるそば屋の古びた短冊に、開店前に店の主人が毎日黒板に書き並べる料理の数々……。店の匂いや味を色濃く宿すメニューのことばは、一編の詩のように客の目と心を喜ばす。品書きの行間にふかく分け入り、愛され続ける店の秘密へと迫るおいしいドキュメンタリー。

目次
シチューと煮込み
道頓堀の品書き
ちょっと大衆酒場で
キッチンカーでランチを買う
かつサンドの秘密
夢のかたち
だからジューススタンド
そこに立ち食いそばがあるから
「立ち食いそばには『ナンバーワン』がない」
  ――大衆そば研究家・坂崎仁紀氏に聞く
趣味のお茶漬け
新橋駅前の楽園で
ホットケーキとパンケーキ
豚まんが愛される理由
黒板と筆ペン
 店一覧
 解説  岸政彦

著者プロフィール

平松洋子

ヒラマツ・ヨウコ

1958(昭和33)年、倉敷市生れ。東京女子大学卒業。エッセイスト。世界各地に取材し、食文化と暮らしをテーマに執筆している。著書に『夜中にジャムを煮る』『平松洋子の台所』『おいしい日常』『買物71番勝負』『買えない味』(Bunkamura ドゥマゴ文学賞受賞)、『おもたせ暦』『よい香りのする皿』『おんなのひとりごはん』『焼き餃子と名画座』『サンドウィッチは銀座で』『韓国むかしの味』『野蛮な読書』(講談社エッセイ賞受賞)、『なつかしいひと』『洋子さんの本棚』(小川洋子との共著)、『日本のすごい味 おいしさは進化する』『日本のすごい味 土地の記憶を食べる』ほか多数。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

平松洋子
登録
グルメ
登録
グルメ
登録

書籍の分類