ホーム > 書籍詳細:黒い看護婦―福岡四人組保険金連続殺人―

黒い看護婦―福岡四人組保険金連続殺人―

森功/著

572円(税込)

発売日:2007/06/01

書誌情報

読み仮名 クロイカンゴフフクオカヨニングミホケンキンレンゾクサツジン
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-132051-9
C-CODE 0195
整理番号 も-33-1
ジャンル 社会学、事件・犯罪
定価 572円

戦慄の犯罪ドキュメント。

悪女〈ワル〉──同じ看護学校を出た看護婦仲間。一見、平凡な中年女性たちは、身近な人々を次々に脅し、騙し、そして医療知識を駆使した殺人にまで手を染めていた。何が、女たちをかくも冷酷な犯罪へと走らせたのか。事件の背後には、四人組の特殊な人間関係、なかでも他の三人から「吉田様」と呼ばれ、女王然と振舞う吉田純子の特異な個性があった。戦慄の犯罪ドキュメンタリー。

著者プロフィール

森功

モリ・イサオ

1961(昭和36)年、福岡県生まれ。ノンフィクション作家。岡山大卒。「週刊新潮」編集部などを経て独立。2008年、2009年に「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」を連続受賞。『黒い看護婦』『ヤメ検』『同和と銀行』『大阪府警暴力団担当刑事』『総理の影』など著作多数。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

森功
登録
社会学
登録
事件・犯罪
登録

書籍の分類