ホーム > 書籍詳細:神の棄てた裸体―イスラームの夜を歩く―

神の棄てた裸体―イスラームの夜を歩く―

石井光太/著

649円(税込)

発売日:2010/05/01

書誌情報

読み仮名 カミノステタラタイイスラームノヨルヲアルク
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-132531-6
C-CODE 0195
整理番号 い-99-1
ジャンル マスメディア
定価 649円
電子書籍 価格 165円
電子書籍 配信開始日 2010/10/01

体験的ノンフィクションの傑作。「性」から見つめたイスラーム世界。国々を旅し、現地に暮らす。

イスラームの国々では、男と女はどのように裸体を絡ませ合っているのだろう──。「性」という視点からかの世界を見つめれば、そこには、性欲を持て余して戒律から外れる男女がいて、寺院の裏には神から見放された少女売春婦までがいる。東南アジアから中東まで旅し、土地の人々とともに暮らし、体感したあの宗教と社会の現実。戦争報道では分からない、もう一つのイスラーム報告。

目次
旅の始めに
第一章 街娼たちの渇愛――インドネシア/パキスタン
夜会

兄弟の秘め事
禁じられた舞踊
第二章 異境を流れる者――ヨルダン/レバノン/マレーシア
月の谷の女
死海の占い師
堕天使
第三章 家族の揺らぎ――バングラデシュ/イラン/ミャンマー
人さらい
砂漠の花嫁
問わず語り
第四章 掟と死――パキスタン/アフガニスタン/インド
銃声の子
花の都の裏切り者
切除
水の祈り
第五章 路上の絆――バングラデシュ
浮浪児の渇き
幼ない乳
旅の終わりに

文庫版あとがき

著者プロフィール

石井光太

イシイ・コウタ

1977(昭和52)年、東京生れ。日本大学芸術学部文芸学科卒業。国内外の文化、歴史、医療などをテーマに取材、執筆活動を行っている。著書に『物乞う仏陀』『神の棄てた裸体』『絶対貧困』『レンタルチャイルド』『ルポ 餓死現場で生きる』『遺体』『蛍の森』『浮浪児1945-』『「鬼畜」の家―わが子を殺す親たち』『43回の殺意―川崎中1男子生徒殺害事件の深層』などがある。

石井光太 公式ホームページ (外部リンク)

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

石井光太
登録
マスメディア
登録

書籍の分類