ホーム > 書籍詳細:ジーン・ワルツ

ジーン・ワルツ

海堂尊/著

572円(税込)

発売日:2010/07/01

書誌情報

読み仮名 ジーンワルツ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-133311-3
C-CODE 0193
整理番号 か-57-1
ジャンル 文芸作品
定価 572円
電子書籍 価格 1,100円
電子書籍 配信開始日 2019/05/31

クール・ウィッチ、曾根崎理恵と清川吾郎准教授。二人の医師が火花を散らす! 海堂尊が、いま社会に問う――代理母出産、それは神への挑戦なのか。

帝華大学医学部の曾根崎理恵助教は、顕微鏡下体外受精のエキスパート。彼女の上司である清川吾郎准教授もその才を認めていた。理恵は、大学での研究のほか、閉院間近のマリアクリニックで五人の妊婦を診ている。年齢も境遇も異なる女たちは、それぞれに深刻な事情を抱えていた──。生命の意味と尊厳、そして代理母出産という人類最大の難問に挑む、新世紀の医学エンターテインメント。

  • 映画化
    ジーン・ワルツ(2011年2月公開)
目次
序章 遺伝子のワルツ
一章 減数分裂
一月 帝華大学
二章 受胎告知
二月 マリアクリニック
三章 エンブリオ
三月 帝華大学
四章 心音覚知
三月 マリアクリニック
五章 托卵の技術
五月 帝華大学
六章 双角の魔女
五月 マリアクリニック
七章 借り腹の論理
六月 帝華大学
八章 妊娠の現実と蹉跌
六月 マリアクリニック
九章 魔女VS.アルマジロ
七月 帝華大学
十章 啓示
七月 マリアクリニック
十一章 最終講義
九月 帝華大学
十二章 悲母観音
九月 マリアクリニック
十三章 メディア・スター
十月 帝華大学
最終章 セント・マリアクリニック
十月 マリアクリニック
解説 東えりか

著者プロフィール

海堂尊

カイドウ・タケル

1961(昭和36)年、千葉県生れ。医学博士。外科医、病理医を経て、現在は重粒子医科学センター・Ai情報研究推進室室長。2005(平成17)年、『チーム・バチスタの栄光』で「このミステリーがすごい!」大賞を受賞し、翌年、作家デビュー。確かな医学知識に裏打ちされたダイナミックなエンターテインメント作品で、読書界に旋風を巻き起こす。2008年、『死因不明社会』で、科学ジャーナリスト賞受賞。他の著書に『ジェネラル・ルージュの凱旋』『イノセント・ゲリラの祝祭』『ケルベロスの肖像』『極北ラプソディ』『スリジエセンター1991』『輝天炎上』『ジーン・ワルツ』『マドンナ・ヴェルデ』『ガンコロリン』『ほんとうの診断学』などがある。

関連書籍

判型違い(単行本)

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

海堂尊
登録
文芸作品
登録

書籍の分類