ホーム > 書籍詳細:日本原爆開発秘録

日本原爆開発秘録

保阪正康/著

649円(税込)

発売日:2015/05/01

書誌情報

読み仮名 ニホンゲンバクカイハツヒロク
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-133373-1
C-CODE 0195
整理番号 ほ-19-3
ジャンル ノンフィクション、日本史
定価 649円
電子書籍 価格 715円
電子書籍 配信開始日 2015/10/23

昭和史の泰斗が貴重なインタビューをもとに戦時下の原爆製造「極秘計画」の全貌に迫る!

戦時下で秘密裡に進められていた「ニ号研究」「F号研究」という日本の原爆製造計画。戦局の挽回を期し、軍部が命じて科学者の叡智を集めた研究の全貌とは……。昭和史研究の第一人者が、膨大な資料と関係者への貴重なインタビューをもとに、戦後、原発立国へと舵を切った日本の「原子力前史」を繙き、現代との因果を詳らかにする。『日本の原爆─その開発と挫折の道程』改題。

目次
はじめに
第一章 原子爆弾製造計画の始まり
第二章 大量殺戮兵器待望の国民心理
第三章 陸軍の原爆製造計画「ニ号研究」(その1)
第四章 陸軍の原爆製造計画「ニ号研究」(その2)
第五章 海軍の「F号研究」の歩みと実態
第六章 終戦前後の科学者と軍人
第七章 原子爆弾から原子力発電へ――平和利用は幻なのか
おわりに
あとがき
文庫版あとがき
主要参考文献
原爆製造計画と原子力発電の狭間  〈対談〉吉岡斉・保阪正康

著者プロフィール

保阪正康

ホサカ・マサヤス

1939(昭和14)年北海道生まれ。ノンフィクション作家。同志社大学文学部卒。『東條英機と天皇の時代』『五・一五事件』『あの戦争は何だったのか』『昭和の怪物 七つの謎』『ナショナリズムの昭和』(和辻哲郎文化賞)、「昭和史の大河を往く」シリーズなど著書多数。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

保阪正康
登録
日本史
登録

書籍の分類