ホーム > 書籍詳細:九月が永遠に続けば

九月が永遠に続けば

沼田まほかる/著

781円(税込)

発売日:2008/02/01

書誌情報

読み仮名 クガツガエイエンニツヅケバ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-133851-4
C-CODE 0193
整理番号 ぬ-2-1
ジャンル ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
定価 781円
電子書籍 価格 693円
電子書籍 配信開始日 2012/05/17

果てしない心の闇が次々と命を呑み込んでゆく――。ホラーサスペンス大賞受賞。「圧倒された」選考委員・桐野夏生

高校生の一人息子の失踪にはじまり、佐知子の周囲で次々と不幸が起こる。愛人の事故死、別れた夫・雄一郎の娘の自殺。息子の行方を必死に探すうちに見え隠れしてきた、雄一郎とその後妻の忌まわしい過去が、佐知子の恐怖を増幅する。悪夢のような時間の果てに、出口はあるのか――。人の心の底まで続く深い闇、その暗さと異様な美しさをあらわに描いて読書界を震撼させたサスペンス長編。

  • 受賞
    第5回 ホラーサスペンス大賞 大賞
目次
消えた日
翌日
二日後
三日後
四日後
五日後
死の日
弔いの日
解説 千街晶之

関連コンテンツ

著者プロフィール

沼田まほかる

ヌマタ・マホカル

1948(昭和23)年大阪府生れ。主婦、僧侶、会社経営などを経て、2004(平成16)年『九月が永遠に続けば』でホラーサスペンス大賞を受賞してデビュー。作品に『彼女がその名を知らない鳥たち』『猫鳴り』『アミダサマ』。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

沼田まほかる
登録
ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
登録

書籍の分類