ホーム > 書籍詳細:女流阿房列車

まさかの東京メトロを1日で全制覇、東海道53回乗りつぎ……。百けん先生もびっくり? 阿房系鉄道エッセイ。

女流阿房列車

酒井順子/著

529円(税込)

本の仕様

発売日:2012/05/01

読み仮名 ジョリュウアホウレッシャ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-135120-9
C-CODE 0195
整理番号 さ-23-10
ジャンル エッセー・随筆
定価 529円

電車に揺られてうとうとが大好きなゆる女子鉄の著者が、鉄人編集者のマニアックでむちゃぶりな鉄道旅プランに身を投じ、線路の果てまでいざ出発。東京メトロ全線を一日で完乗、鈍行列車に24時間、東海道五十三回乗りつぎ、日本最長各駅停車。次第にエスカレートする旅程もなんのその、気づけばダイヤに縛られる快感の虜……鉄道の楽しさが無限に広がる、新しい旅の仕様をご提案。

著者プロフィール

酒井順子 サカイ・ジュンコ

1966年東京生まれ。高校時代より雑誌「オリーブ」に寄稿し、大学卒業後、広告会社勤務を経てエッセイ執筆に専念。2003年に刊行した『負け犬の遠吠え』はべストセラーとなり、講談社エッセイ賞、婦人公論文芸賞を受賞。三十代以上・未婚・子ナシ女性を指す「負け犬」は流行語にもなった。他の著書に『枕草子REMIX』『都と京』『女流阿房列車』『紫式部の欲望』『ユーミンの罪』『地震と独身』『子の無い人生』など多数。

目次

はじめに
メトロな女 東京の地下鉄全線完乗16時間22分
鈍行列車の女 24時間耐久 1343.9km
秘境駅の女 「鉄子の旅」同乗記

【相互乗り入れ企画!?】
「鉄子の旅プラス」菊池直恵 酒井順子さんと水のある風景を求めて
膝栗毛な女 東海道五十三乗りつぎ
トロッコ列車の女 紅葉独り占め京都「鉄学」の道
9to5の女 根室本線 宮脇俊三さんに捧げる寝ずの旅
廃線跡の女 日傘片手に北陸本線旧線を歩く
こだま号の女 東京~博多10時間半
スイッチバックの女 信越本線・篠ノ井線「スイッチバック銀座」
旧国名駅の女 四国巡礼「お線路さん」の旅

【おまけ】
鉄と油の二泊三日 九州一周揚げ物紀行
   *
徐行列車のふたり 秋田周遊車窓対談 原武史×酒井順子
あとがき
解説 田中比呂之

まとめテーマでくくる 本選びのヒント

感想を送る

新刊お知らせメール

酒井順子
登録する
エッセー・随筆
登録する

書籍の分類

この分類の本