ホーム > 書籍詳細:警察庁長官を撃った男

警察庁長官を撃った男

鹿島圭介/著

693円(税込)

発売日:2012/07/01

書誌情報

読み仮名 ケイサツチョウチョウカンヲウッタオトコ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-136281-6
C-CODE 0195
整理番号 か-65-1
ジャンル 社会学、事件・犯罪
定価 693円

国松長官を撃ったのは、私です――。立花隆氏絶賛! 「これだけ面白い本に、ここ数年出会ったことがない」

1995年3月、日本中を震撼した国松孝次警察庁長官狙撃事件。特別捜査本部を主導する警視庁公安部がオウム犯行説に固執する一方、刑事部は中村泰なる老スナイパーから詳細な自供を得ていた。だが、特捜本部は中村逮捕に踏み切らず、事件は時効を迎えてしまう。警察内部の出世とメンツをかけた暗闘や、中村の詳細な証言内容など極秘捜査の深層を抉るノンフィクション。解説・立花隆。

目次
プロローグ パイソンを買った男
治安への信頼が崩壊した日/大阪拘置所
第一章 公安捜査の大敗北
「ギブアップ宣言」/治安トップの責任/「ハム」vs.「ジ」/有力容疑者・平田/衝撃の告発/元巡査長の供述/迷走する捜査
第二章 悪夢、再び
実行犯は誰か?/トップ交渉
第三章 捜査線上に急浮上した男
銀行襲撃/空白の30年/正体/敵の首領、倒れたり
第四章 謎に包まれた老スナイパー
「否定も肯定もしない」/刑事vs.老スナイパー/共犯者の“影”/「私が長官を撃ちました」
第五章 取調室の攻防
合同捜査班の立ち上げ/供述調書をめぐる攻防/自供/特殊な拳銃に稀少な実弾
第六章 そして、アメリカへ
特殊工作員の足跡を辿る旅/アメリカでの地下活動の実態
第七章 動機
複雑で謀略的な大義/“秘密の暴露”/塩漬け
第八章 幻の男
老スナイパーの本質
第九章 「─神よ もう十分です…」
最終章 告発の行方
隠された意図/特捜検事の登場/フェデラル社で判明した事実/鉢植えはあった!/名簿の中身は/東京地検特捜部長の会見
エピローグ ゲバラになれなかった男
光と闇
参考資料(1)~(3)
解説 立花隆

著者プロフィール

鹿島圭介

カシマ・ケイスケ

1966(昭和41)年和歌山県生れ。早稲田大学第一文学部英文科卒。雑誌メディアを中心に事件、政治、経済のジャンルで精力的に活躍中。とりわけ警察・司法の分野においては多角的、重層的な取材で知られ、事象の深層を抉るルポが数多い。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

鹿島圭介
登録
社会学
登録
事件・犯罪
登録

書籍の分類