ホーム > 書籍詳細:放浪大名 水野勝成―信長、秀吉、家康に仕えた男―

放浪大名 水野勝成―信長、秀吉、家康に仕えた男―

早見俊/著

737円(税込)

発売日:2022/04/01

書誌情報

読み仮名 ホウロウダイミョウミズノカツナリノブナガヒデヨシイエヤスニツカエタオトコ
装幀 井筒啓之/カバー装画、新潮社装幀室/デザイン
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-138982-0
C-CODE 0193
整理番号 は-54-12
ジャンル 文学・評論
定価 737円
電子書籍 価格 737円
電子書籍 配信開始日 2022/03/28

戦塵にまみれること六十年、七十五にしてなお現役! 戦国最強武将、波乱の生涯。

十六歳での初陣から七十五歳で参陣した島原の乱まで六十年、戦国の乱世を鑓一本で駆け抜けた水野勝成。刈谷城城主の父から勘当された勝成は、豊臣秀吉から知行を授かるが、諍いを起こし逃亡するはめに。西国を放浪する勝成は、佐々成政、黒田孝高、小西行長ら名だたる武将に仕えるが……。敵から「鬼日向」と恐れられた勝成が、福山藩十万石開祖の名君として称えられるまでを描く歴史小説。

目次
序――島原の乱
第一章 猪武者――高天神城合戦 本能寺の変 天正壬午の乱
第二章 出奔――小牧長久手の合戦
第三章 流浪――紀州征伐 肥後国人一揆
第四章 安住と惜別――志岐城攻め
第五章 名君――関ヶ原の合戦 大坂夏の陣
主要参考文献
解説 木村行伸

著者プロフィール

早見俊

ハヤミ・シュン

1961(昭和36)年、岐阜県岐阜市生れ。会社員を続けながら作家活動を行っていたが、2007(平成19)年から作家に専念。主な著書に「居眠り同心影御用」「公家さま同心飛鳥業平」「双子同心捕物競い」「鳥見役京四郎裏御用」「やったる侍涼之進奮闘剣」「大江戸無双七人衆」「大江戸人情見立て帖」などのシリーズがある。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

早見俊
登録

書籍の分類