ホーム > 書籍詳細:美麗島紀行―つながる台湾―

美麗島紀行―つながる台湾―

乃南アサ/著

649円(税込)

発売日:2021/11/01

書誌情報

読み仮名  
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-142560-3
C-CODE 0195
整理番号 の-9-51
ジャンル 文学・評論
定価 649円

台湾、この島には何かがある――。私たちの隣人の素顔を活写した傑作紀行エッセイ。

美しき、麗しの宝島、台湾。数奇な運命を辿ったこの島に魅了された作家が、丹念に各地を歩き、人々と語らい合い、ともに食べ、その素顔にせまる。日本人の親友の妹と結婚した考古学者、日本統治下時代を「懐かしくて悔して」と語る古老、零戦乗りを祀る人々。彼らの面影には私たちが見失った私たち自身の顔も浮かび上がるのだった――。歴史と人に寄り添った、珠玉のような紀行エッセイ集。

著者プロフィール

乃南アサ

ノナミ・アサ

1960(昭和35)年、東京生れ。早稲田大学中退後、広告代理店勤務などを経て、作家活動に入る。1988年『幸福な朝食』が日本推理サスペンス大賞優秀作になる。1996(平成8)年『凍える牙』で直木賞を、2011年『地のはてから』で中央公論文芸賞を、2016年『水曜日の凱歌』で芸術選奨文部科学大臣賞をそれぞれ受賞。他に『ボクの町』『団欒』『風紋』『晩鐘』『鎖』『嗤う闇』『しゃぼん玉』『ウツボカズラの夢』『風の墓碑銘(エピタフ)』『ニサッタ、ニサッタ』『犯意』(共著)『六月の雪』、エッセイ集『いのちの王国』『ミャンマー』『地球の穴場』『美麗島紀行』『ビジュアル年表 台湾統治五十年』『犬棒日記』『チーム・オベリベリ』など著書多数。巧みな人物造形、心理描写が高く評価されている。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

乃南アサ
登録

書籍の分類