ホーム > 書籍詳細:アコギなのかリッパなのか―佐倉聖の事件簿―

アコギなのかリッパなのか―佐倉聖の事件簿―

畠中恵/著

605円(税込)

発売日:2012/03/01

書誌情報

読み仮名 アコギナノカリッパナノカサクラセイノジケンボ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-146171-7
C-CODE 0193
整理番号 は-37-51
ジャンル ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
定価 605円

どんな陳情でも難題でも、何なりとご用命あれ! 政治家事務所で働く大学生・佐倉聖、颯爽と登場。「しゃばけ」シリーズの著者が描く新時代のユーモア・ミステリー。

佐倉聖21歳。腹違いの弟を独り養う大学生だ。すでに引退した大物政治家・大堂剛の事務所で雑用係の事務員を務めている。昔は不良で腕っ節が強い上、気転は利くし頭が切れる。そんな聖だからこそ、事務所に持ち込まれる、あらゆる陳情・難題・厄介事・揉め事の後始末を一任されても、見事な手際でまんまと解決していく! 「しゃばけ」シリーズの著者が描く新時代のユーモア・ミステリー。

目次
開会 政治家事務所の一日
案件の一 五色の猫
案件の二 白い背広
案件の三 月下の青
案件の四 商店街の赤信号
案件の五 親父とオヤジとピンクの便せん
閉会 選挙速報と小原和博
解説 石井千湖

著者プロフィール

畠中恵

ハタケナカ・メグミ

高知生まれ、名古屋育ち。名古屋造形芸術短期大学ビジュアルデザインコース・イラスト科卒。2001年『しゃばけ』で第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞してデビュー。ほかに『ぬしさまへ』『ねこのばば』『おまけのこ』『うそうそ』『ちんぷんかん』『いっちばん』『ころころろ』『ゆんでめて』『やなりいなり』『ひなこまち』『たぶんねこ』『すえずえ』『なりたい』、ビジュアルストーリーブック『みぃつけた』(以上『しゃばけ』シリーズ、新潮社)、『ちょちょら』『けさくしゃ』(新潮社)、『明治・金色キタン』(朝日新聞出版)、『若様とロマン』(講談社)、『ひとめぼれ』(文藝春秋)、『猫君』(集英社)、『あしたの華姫』(KADOKAWA)、エッセイ集『つくも神さん、お茶ください』(新潮社)などの著作がある。

畠中恵「しゃばけ」新潮社公式サイト (外部リンク)

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

畠中恵
登録
ミステリー・サスペンス・ハードボイルド
登録

書籍の分類