ホーム > 書籍詳細:つくも神さん、お茶ください

シリーズ誕生秘話、読書の楽しみ、知られざる趣味……初めてのエッセイ集。超人気「しゃばけ」シリーズの生みの親って、どんな人? 柴田ゆう絵師の書籍未収録イラストも満載!

つくも神さん、お茶ください

畠中恵/著

529円(税込)

本の仕様

発売日:2012/12/01

読み仮名 ツクモガミサンオチャクダサイ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-146181-6
C-CODE 0195
整理番号 は-37-61
ジャンル エッセー・随筆
定価 529円

大人気「しゃばけ」シリーズの戯作者、畠中恵さんって、こんな人なんです! 遅咲きだったデビュー秘話、妖たちとの初めての出合い。愛する本や映画のこと、創作における苦労。今は亡き小説の師匠の思い出。隠しておきたい弱点や、とっておきのストレス対処法……。お江戸の世界と日常を自由自在に行き来しながら、愛すべき小説を生み出す作家の素顔とは。もりだくさんの初エッセイ集。

著者プロフィール

畠中恵 ハタケナカ・メグミ

高知生まれ、名古屋育ち。名古屋造形芸術短期大学ビジュアルデザインコース・イラスト科卒。2001年『しゃばけ』で第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞してデビュー。ほかに『ぬしさまへ』『ねこのばば』『おまけのこ』『うそうそ』『ちんぷんかん』『いっちばん』『ころころろ』『ゆんでめて』『やなりいなり』『ひなこまち』『たぶんねこ』『すえずえ』『なりたい』、ビジュアルストーリーブック『みぃつけた』(以上『しゃばけ』シリーズ、新潮社)、『ちょちょら』『けさくしゃ』(新潮社)、『うずら大名』(集英社)、『明治・金色キタン』(朝日新聞出版)、『若様とロマン』(講談社)、『ひとめぼれ』(文藝春秋)、『まことの華姫』(KADOKAWA)、エッセイ集『つくも神さん、お茶ください』(新潮社)などの著作がある。

しゃばけ倶楽部~バーチャル長崎屋~ (外部リンク)

目次

まえがき もしくは情けない思いの発露
受賞の言葉
本の道に足を踏み入れたる あらまあ
道の先の家
“シュジンコウ”のヒミツ
道の、道は、道が
静心奪われ
明日と昨日を訪ねて
恋やこいこいこい
読んだ観た聴いた 最後に食べた
「なめくじ長屋捕物さわぎ」と人情
バジル・ウォーレン卿 ゆったり飄々にあこがれ
これぞエンターテインメント
リアルな感触
『ユニオン・クラブ綺談』に感謝
話作る楽しさのとりこに
しみじみと、ふんわりと
物語が終わって始まる
名作基に新たな世界
妖との出合い。
『ひなのころ』によせて
こんな時代小説を読んできました
思い出の映画『ショーシャンクの空に』
27年…思い出重ねて感慨
浮かぶのは星の降る夜
オペラ座の怪人
あこがれと劣等感の青春
サイモン&ガーファンクル『水曜の朝、午前3時』
伊勢 虎屋ういろ「ういろ」
孔子の故郷・曲阜で 孔府宴と西太后の朝食を喰らう
墨壺とウイスキー
ミステリーの引き立て役
餃子の思い出
鬼平、白玉の思い出
小説と食べ物
まよえるこひつじの度胸
すべて圏外になる
ぼんやり、のんびり
「ピー子」はオスかメスか
さて、プチプチとは
妖怪小説の魅力「今、そこにいるもの」
中高年デビューでも遅くない!
「心配虫」とつきあう秘訣
「妖」の世界の不思議。
今様お江戸散歩
言い訳を積み上げない
反省をした日
江戸版オタク
好きなもの
始まりは町の小さな書店
あじゃれ よみうり
あとがき そして深々と下げられる頭
文庫版◆スペシャル付録!
絵師・柴田ゆう お宝「しゃばけ」ギャラリー

関連コンテンツ

感想を送る

新刊お知らせメール

畠中恵
登録する
エッセー・随筆
登録する

書籍の分類

この分類の本

つくも神さん、お茶ください

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto