ホーム > 書籍詳細:ひとつ火の粉の雪の中

ひとつ火の粉の雪の中

秋田禎信/著

605円(税込)

発売日:2015/01/01

書誌情報

読み仮名 ヒトツヒノコノユキノナカ
シリーズ名 新潮文庫nex
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-180023-3
C-CODE 0193
整理番号 あ-81-1
ジャンル キャラクター文芸、コミックス
定価 605円

鬼と修羅、宿命を負う二人の旅路が始まる――。

最強の修羅として生きる男、鳳(おおとり)は、人がみな鬼に殺(あや)められ焦土と化した村を訪れ、少女夜闇(よや)と出会う。ただ一人残されたのは鬼の血をひく娘だった。鬼を斬るのが役目の修羅だが、夜闇の手をとり旅に出る。少女の秘めたる力を狙う者どもが行く手を阻むなか、鳳は何故、命を賭して夜闇を守るのか? ――十代で描いた鮮烈なデビュー作! 著者の原点となる物語に特別書き下ろし掌編を収録。

目次
序章 鬼の子
其の一 蜘蛛の里
其の二 天龍鬼神
閑話 修羅の話
其の三 鬼の姿
其の四 月の影
其の五 出口
其の六 天者地者
其の七 苦痛多き世界
終章 海の声
特別書き下ろし
閑話 鬼の終わりの話

著者プロフィール

秋田禎信

アキタ・ヨシノブ

1973(昭和48)年東京生れ。17歳で応募した『鬼の話』がファンタジア長編小説大賞準入選。1992(平成4)年、同作を改訂・改題した『ひとつ火の粉の雪の中』でデビュー。代表作「魔術士オーフェン」シリーズは累計1000万部を超える大ヒットとなり、ライトノベル作家として活躍を続ける。一方、一般文芸、アニメノベライズ、PCゲームの脚本などにも活動の場を広げている。その他の著書に『機械の仮病』『虐殺機イクシアント』「巡ル結魂者」シリーズなどがある。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

秋田禎信
登録
キャラクター文芸
登録

書籍の分類