ホーム > 書籍詳細:忘霊トランクルーム

忘霊トランクルーム

吉野万理子/著

605円(税込)

発売日:2018/05/01

書誌情報

読み仮名 ボウレイトランクルーム
シリーズ名 新潮文庫nex
装幀 中村至宏/カバー装画、川谷康久(川谷デザイン)/カバーデザイン、川谷デザイン/フォーマットデザイン
雑誌から生まれた本 yom yomから生まれた本
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-180122-3
C-CODE 0193
整理番号 よ-38-51
ジャンル 文芸作品
定価 605円
電子書籍 価格 605円
電子書籍 配信開始日 2018/05/11

だれかの強い“想い”は、やがて忘霊(ぼうれい)となった。

夏休み、湘南。祖母の長期旅行中、彼女が営むトランクルームで留守番のアルバイトをすることになった十七歳の星哉。一人暮らしに胸ふくらませ、お客である年上の西条さんに淡い憧れを抱くものの、どうやらこのトランクルームには、物に憑(と)りつく幽霊=忘霊(ぼうれい)が出没するようなのだ。品に刻まれた持ち主の“想い”を解放しようとする星哉と西条さんは……。爽やかで少しほろ苦い青春ミステリ。

目次
第一話 二〇六号室のペンダント
第二話 一〇二号室のウェディングドレス
第三話 二〇九号室の貝殻
第四話 隣室の少年
第五話 忘霊の真実

著者プロフィール

吉野万理子

ヨシノ・マリコ

1970(昭和45)年、神奈川県出身。新聞社、出版社勤務などを経て、2005(平成17)年『秋の大三角』で第1回新潮エンターテインメント新人賞を受賞。他の著書に『雨のち晴れ、ところにより虹』『今夜も残業エキストラ』『想い出あずかります』『海岸通りポストカードカフェ』『空色バウムクーヘン』『連れ猫』『ロバのサイン会』『イモムシ偏愛記』『忘霊トランクルーム』など多数。『チームふたり』に始まる「チーム」シリーズや『いい人ランキング』『部長会議はじまります』など、児童向けの作品も精力的に執筆している。脚本では『73年前の紙風船』で第73回文化庁芸術祭ラジオドラマ部門優秀賞受賞。

ドラマデイズ (吉野万理子BLOG) (外部リンク)

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

吉野万理子
登録
文芸作品
登録

書籍の分類