ホーム > 書籍詳細:東京湾の向こうにある世界は、すべて造り物だと思う

東京湾の向こうにある世界は、すべて造り物だと思う

中西鼎/著

649円(税込)

発売日:2019/08/01

書誌情報

読み仮名 トウキョウワンノムコウニアルセカイハスベテツクリモノダトオモウ
シリーズ名 新潮文庫nex
装幀 雪下まゆ/カバー装画、川谷康久(川谷デザイン)/カバーデザイン、川谷デザイン/フォーマットデザイン
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-180159-9
C-CODE 0193
整理番号 な-103-1
ジャンル 文学・評論
定価 649円
電子書籍 価格 649円
電子書籍 配信開始日 2019/08/09

さよなら、一緒にいてくれてありがとう。

軽音部室で殺された女の子、ミズ。それから五年、抜け殻のような日々を過ごしていた僕の前に、彼女は突然現れた。「同窓会を開きなよ」高校生の姿のまま、僕にしか見えない彼女に振り回されて、あの日から止まったままの時間が再び動き始める。痛みも後悔も乗り越えて、燦(きら)めく彼女の笑顔の側で、僕はその死の真相に辿り着く。大人になりきれないすべての人に贈る、恋と青春の物語。

目次
プロローグ
第一章 港区の幽霊が喜ぶデートスポット
第二章 靴が片方脱げたウォーリーを見つけることは出来なかった
第三章 「また明日、学校で」
第四章 東京湾の向こうにある世界は、すべて造り物だと思う
第五章 イタリック文字のスタッフロールが流れてくる
第六章 流れ星が降ってる間に、三回も願い事を言えたことがない
第七章 人と星の境目なんて、とても曖昧に思える
第八章 「井波峻紀の人生II」をはじめよう
エピローグ

著者プロフィール

中西鼎

ナカニシ・カナエ

1992(平成4)年3月16日、三重県津市生れ。東京大学大学院工学系研究科修士課程修了。2017年、スニーカー大賞・特別賞を受賞し、デビュー。将棋アマチュア二段。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

中西鼎
登録

書籍の分類