ホーム > 書籍詳細:半七捕物帳―江戸探偵怪異譚―

半七捕物帳―江戸探偵怪異譚―

岡本綺堂/著 、宮部みゆき/編

605円(税込)

発売日:2019/12/01

書誌情報

読み仮名 ハンシチトリモノチョウエドタンテイカイイタン 
シリーズ名 新潮文庫nex
装幀 こより/カバー装画、鈴木久美/カバーデザイン、川谷デザイン/フォーマットデザイン
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-180173-5
C-CODE 0193
整理番号 み-22-121
ジャンル 文学賞受賞作家
定価 605円
電子書籍 価格 605円
電子書籍 配信開始日 2019/12/06

江戸の「シャーロック」半七親分から逃れる術なし。

彼は江戸時代における隠れたシャアロック・ホームズであった――。雪達磨の中から発見された死体。通行人を無差別に殺し続ける“槍突き”。江戸の難事件に立ち向かうは、神田三河町に居を構える岡っ引・半七。殺人、怪異、怪談。彼の推理はすべての不可思議に真実の光を当てる。今なお古びない捕物帳の嚆矢にして、和製探偵小説の幕開け。全六十九編の中から宮部みゆきが選んだ傑作集。

目次
雪達磨
お文の魂
山祝いの夜
筆屋の娘
勘平の死
槍突き
少年少女の死
津の国屋
解説 末國善己

著者プロフィール

岡本綺堂

オカモト・キドウ

(1872-1939)東京生れ。元御家人の英国公使館書記を父として生まれる。新聞記者として働きながら戯曲の執筆を始め、1911(明治44)年、『修禅寺物語』が出世作となる。他に『鳥辺山心中』『番町皿屋敷』など、生涯に196篇の戯曲を残す。コナン・ドイル「シャーロック・ホームズ」シリーズに着想を得て執筆を開始した「半七捕物帳」は、後の「捕物帳」の嚆矢となり、多くの作家に影響を与えた。

宮部みゆき

ミヤベ・ミユキ

1960(昭和35)年、東京生れ。1987年「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞。1989(平成元)年『魔術はささやく』で日本推理サスペンス大賞を受賞。1992年『龍は眠る』で日本推理作家協会賞、『本所深川ふしぎ草紙』で吉川英治文学新人賞を受賞。1993年『火車』で山本周五郎賞を受賞。1997年『蒲生邸事件』で日本SF大賞を受賞。1999年には『理由』で直木賞を受賞。2001年『模倣犯』で毎日出版文化賞特別賞、2002年には司馬遼太郎賞、芸術選奨文部科学大臣賞(文学部門)を受賞。2007年『名もなき毒』で吉川英治文学賞を受賞した。他の作品に『ソロモンの偽証』『英雄の書』『悲嘆の門』『小暮写眞館』『荒神』『この世の春』などがある。

大極宮 (外部リンク)

宮部みゆき 作家生活30周年記念特設サイト

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

岡本綺堂
登録
宮部みゆき
登録
文学賞受賞作家
登録

書籍の分類