ホーム > 書籍詳細:猫河原家の人びと―花嫁は名探偵―

猫河原家の人びと―花嫁は名探偵―

青柳碧人/著

693円(税込)

発売日:2020/10/01

書誌情報

読み仮名 ネコガワラケノヒトビトハナヨメハメイタンテイ
シリーズ名 新潮文庫nex
装幀 MITO(監修:uki)/カバー装画、川谷康久(川谷デザイン)/カバーデザイン、川谷デザイン/フォーマットデザイン
雑誌から生まれた本 yom yomから生まれた本
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-180203-9
C-CODE 0193
整理番号 あ-80-6
定価 693円
電子書籍 価格 693円
電子書籍 配信開始日 2020/09/29

バージンロードは謎だらけ!

「爪噛温泉殺人事件」は波乱の幕開きだった。かおり姉が結婚宣言するわ、お相手は事件の〈第一容疑者になりやすい男〉だわ、新郎一家も曲者ぞろいで……。はたして、両家顔合わせの席で新郎父はのたまった「そもそも私は、名探偵というのが嫌いでね」。突如始まる推理バトル。猫河原家は勝てるのか。披露宴でも難事件発生、私の謎解きが大ピンチに! 絶妙の伏線が冴える連作長編。

目次
【第一話】
湯けむりが謎を呼ぶ!
爪噛温泉殺人事件
【第二話】
恐るべき顔合わせ!
マルセイユ沖・孤島美術館盗難事件!
【第三話】
まさかのアンハッピーウェディング!
牛の花嫁殺人事件!
[エピローグ]

著者プロフィール

青柳碧人

アオヤギ・アイト

1980(昭和55)年、千葉県生れ。早稲田大学教育学部卒業。早稲田大学クイズ研究会OB。2009(平成21)年、「浜村渚の計算ノート」で「講談社 Birth」小説部門を受賞し、デビュー。小説執筆だけでなく漫画原作も手がけている。主な著書に「浜村渚の計算ノート」シリーズ、「ヘンたて」シリーズ、「朧月市役所妖怪課」シリーズ、「西川麻子は地理が好き。」シリーズ、「ブタカン!」シリーズ、「彩菊あやかし算法帖」シリーズ、「猫河原家の人びと」シリーズ、『むかしむかしあるところに、死体がありました。』などがある。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

青柳碧人
登録

書籍の分類