ホーム > 書籍詳細:青春は美わし

青春は美わし

ヘッセ/著 、高橋健二/訳

407円(税込)

発売日:1954/10/27

書誌情報

読み仮名 セイシュンハウルワシ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-200104-2
C-CODE 0197
整理番号 ヘ-1-4
ジャンル 文芸作品、評論・文学研究
定価 407円
電子書籍 価格 407円
電子書籍 配信開始日 2016/04/22

不器用な青年の淡い恋心。20世紀最大の文学者による繊細なる青春小説の名作。

何年ぶりかで家族の住む故郷に帰ってきた青年は、昔恋したことのある美しい少女に再会する。しかしその愛は実らず、その上、妹の友達への恋にも破れる。彼は孤独な、しかし清らかな思い出を胸に故郷を去って行く……。ふるさとを懐かしみながら放浪に心ひかれ、地道に生きようと願いながら浪漫的な憧れに駆られる青春の心を抒情性豊かに謳いあげた表題作。他に、「ラテン語学校生」。

目次
青春は美わし
ラテン語学校生
解説 高橋健二

著者プロフィール

ヘッセ

Hesse,Hermann

(1877-1962)ドイツの抒情詩人・小説家。南独カルプの牧師の家庭に生れ、神学校に進むが、「詩人になるか、でなければ、何にもなりたくない」と脱走、職を転々の後、書店員となり、1904年の『郷愁』の成功で作家生活に入る。両大戦時には、非戦論者として苦境に立ったが、スイス国籍を得、在住、人間の精神の幸福を問う作品を著し続けた。1946年ノーベル文学賞受賞。

高橋健二

タカハシ・ケンジ

(1902-1998)1902(明治35)年東京生れ。東大独文科卒業。ドイツ文学者。第8代日本ペンクラブ会長、芸術院会員、文化功労者。1931(昭和6)年ドイツ留学中に、ヘルマン・ヘッセを識り、交流が始まる。『ヘッセ全集』の全翻訳と別巻『ヘッセ研究』で1957年、読売文学賞を、1968年、『グリム兄弟』で芸術選奨文部大臣賞を受賞する。『ヴァイマルのゲーテ』『ケストナーの生涯』などの著書の他に、訳書多数。1998年3月没。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

ヘッセ
登録
高橋健二
登録
文芸作品
登録
評論・文学研究
登録

書籍の分類