ホーム > 書籍詳細:貧しき人びと

貧しき人びと

ドストエフスキー/著 、木村浩/訳

605円(税込)

発売日:1969/06/24

書誌情報

読み仮名 マズシキヒトビト
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-201006-8
C-CODE 0197
整理番号 ト-1-5
ジャンル 文芸作品、評論・文学研究
定価 605円

[処女作が大傑作]愛は貧しさに勝てるのか。往復書簡を交わす乙女と中年男の愛の行方は――。

世間から侮蔑の目で見られている小心で善良な小役人マカール・ジェーヴシキンと薄幸の乙女ワーレンカの不幸な恋の物語。往復書簡という体裁をとったこの小説は、ドストエフスキーの処女作であり、都会の吹きだまりに住む人々の孤独と屈辱を訴え、彼らの人間的自負と社会的卑屈さの心理的葛藤を描いて、「写実的ヒューマニズム」の傑作と絶賛され、文豪の名を一時に高めた作品である。

著者プロフィール

ドストエフスキー

Фёдор М.Достоевский

(1821-1881)19世紀ロシア文学を代表する世界的巨匠。父はモスクワの慈善病院の医師。1846年の処女作『貧しき人びと』が絶賛を受けるが、1849年、空想的社会主義に関係して逮捕され、シベリアに流刑。この時持病の癲癇が悪化した。出獄すると『死の家の記録』等で復帰。1861年の農奴解放前後の過渡的矛盾の只中にあって、鋭い直観で時代状況の本質を捉え、『地下室の手記』を皮切りに『罪と罰』『白痴』『悪霊』『未成年』『カラマーゾフの兄弟』等、「現代の予言書」とまでよばれた文学を創造した。

木村浩

キムラ・ヒロシ

(1925-1992)東京生れ。東京外国語大学ロシア語科卒。出版社勤務の後大学で教鞭をとる。『ロシア文学の周辺』等の著書や、ソルジェニーツィン、トルストイ、ドストエフスキー等の翻訳がある。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

ドストエフスキー
登録
木村浩
登録
文芸作品
登録
評論・文学研究
登録

書籍の分類