ホーム > 書籍詳細:ロミオとジュリエット

ロミオとジュリエット

ウィリアム・シェイクスピア/著 、中野好夫/訳

484円(税込)

発売日:1951/11/07

書誌情報

読み仮名 ロミオトジュリエット
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-202001-2
C-CODE 0197
整理番号 シ-1-1
ジャンル 戯曲・シナリオ
定価 484円

永遠の愛のバイブル。天才劇作家が描く、世界一有名な恋愛劇。

モンタギュー家の一人息子ロミオは、キャピュレット家の舞踏会に仮面をつけて忍びこんだが、この家の一人娘ジュリエットと一目で激しい恋に落ちてしまった。仇敵同士の両家に生れた二人が宿命的な出会いをし、月光の下で永遠の愛を誓い合ったのもつかのま、かなしい破局をむかえる話はあまりにも有名であり、現代でもなお広く翻訳翻案が行われている。世界恋愛悲劇の代表的傑作。

著者プロフィール

(1564-1616)ストラトフォード・オン・エイヴォンに生る。20歳頃出郷、初めロンドンで役者、後に座付作者として活躍。『ロミオとジュリエット』をはじめ約37編の史劇・悲劇・喜劇を創作。詩作にも秀で、エリザベス朝ルネサンス文学の巨星となる。47歳で突如隠退、余生を故郷で送った。

中野好夫

ナカノ・ヨシオ

(1903-1985)愛媛県松山市生れ。英文学者・評論家・翻訳家。東大英文科卒。シェイクスピアやモーム、スウィフト等の名訳で知られる。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

ウィリアム・シェイクスピア
登録
中野好夫
登録
戯曲・シナリオ
登録

書籍の分類