ホーム > 書籍詳細:大いなる遺産〔下〕

大いなる遺産〔下〕

チャールズ・ディケンズ/著 、加賀山卓朗/訳

781円(税込)

発売日:2020/05/01

書誌情報

読み仮名 オオイナルイサン2
シリーズ名 Star Classics 名作新訳コレクション
装幀 (C)AGE/カバー装画、PPS通信社/カバー装画、新潮社装幀室/デザイン
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-203016-5
C-CODE 0197
整理番号 テ-3-2
定価 781円
電子書籍 価格 781円
電子書籍 配信開始日 2020/06/26

没後150年。イギリスを代表する作家の名作。長編小説を読む喜びを堪能してください。

ロンドンへ到着し、遺産に相応しい紳士となるべく、贅沢な生活を送るピップ。花嫁衣裳を着て隠遁生活を送る老婦人ハヴィシャム、その養女でピップを魅了するエステラ、再び姿を現した元脱獄囚マグウィッチなど、ピップは周囲の人々の思惑に翻弄される。その危うい運命はどこへ通じているのか。痛烈なユーモアと深い情感で、人間世界の悲喜交々を描いた、イギリス最大の文豪の代表的傑作長編。

著者プロフィール

チャールズ・ディケンズ

Dickens,Charles J.H.

(1812-1870)英国ポーツマス郊外の下級官吏の家に生れる。家が貧しかったため十歳から働きに出されるが、独学で勉強を続け新聞記者となる。二十四歳のときに短編集『ボズのスケッチ集』で作家としてスタートし、『オリヴァー・ツイスト』(1837-1839)でその文名を高める。他にも自伝的作品『デイヴィッド・コパフィールド』(1849-1850)など数々の名作を生んだイギリスの国民的作家。

加賀山卓朗

カガヤマ・タクロウ

1962年愛媛県生れ。東京大学法学部卒。翻訳家。ミステリーを中心とするフィクションのほか、別名義でノンフィクションも翻訳している。訳書にディケンズ『二都物語』、『地下道の鳩』『誰よりも狙われた男』(ジョン・ル・カレ)、『ヒューマン・ファクター』(グレアム・グリーン)、『樽』(F・W・クロフツ)、『夜に生きる』(デニス・ルヘイン)、『春嵐』(ロバート・B・パーカー)などがある。

関連書籍

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

チャールズ・ディケンズ
登録
加賀山卓朗
登録

書籍の分類