ホーム > 書籍詳細:絵のない絵本

絵のない絵本

アンデルセン/著 、矢崎源九郎/訳

319円(税込)

発売日:1952/08/19

書誌情報

読み仮名 エノナイエホン
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-205501-4
C-CODE 0197
整理番号 ア-1-1
ジャンル 評論・文学研究
定価 319円

世界一もの知りなお月さまが教えてくれる不思議な出来事。

わたしは、貧しい絵描き。友達はいないし、窓から見えるのは、灰色の煙突ばかり。ところがある晩のこと、外をながめていたら、お月さまが声をかけてくれた……。ある時はヨーロッパの人々の喜びと悩みを語り、ある時は空想の翼にのって、インド、中国、アフリカといった異国の珍しい話にまで及ぶ。短い物語の中に温かく優しい感情と明るいユーモアが流れる、宝石箱のような名作。

著者プロフィール

アンデルセン

Andersen,Hans Christian

(1805-1875)デンマークのオーデンセに、貧しい靴屋の子として生れる。小学校にもろくに通えなかったが、読書によって文学的指向が育てられた。無一文で首都コペンハーゲンに出、自費出版したユーモラスな旅行記『ホルメン運河からアマーア島東端までの徒歩旅行』が売れて文壇出世作となる。浪漫的名作『即興詩人』で世界に名声が広がり、『人魚姫』を含む第三童話集刊行以降は、近代童話の確立者としても世界に認められた。

矢崎源九郎

ヤザキ・ゲンクロウ

(1921-1967)北欧文学者、言語学者。山梨県生れ。東京帝大言語学科卒。東京教育大で教鞭をとる。アンデルセン『童話名作集』、デ=アミーチス『クオレ 愛の学校』など多数の訳書がある。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

アンデルセン
登録
矢崎源九郎
登録
評論・文学研究
登録

書籍の分類