ホーム > 書籍詳細:アンデルセン傑作集 マッチ売りの少女/人魚姫

アンデルセン傑作集 マッチ売りの少女/人魚姫

アンデルセン/著 、天沼春樹/訳

693円(税込)

発売日:2015/08/01

書誌情報

読み仮名 アンデルセンケッサクシュウマッチウリノショウジョニンギョヒメ
シリーズ名 Star Classics 名作新訳コレクション
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-205505-2
C-CODE 0197
整理番号 ア-1-5
ジャンル 文芸作品、評論・文学研究
定価 693円

親から子へと世界中で読み継がれている名作の中からヒロインが活躍する15編を厳選。

雪の降る大晦日の夜、あまりの寒さに少女はマッチをともして暖をとろうとした。すると目の前に不思議な光景が浮かび上がってくるが……。人間の王子を好きになった人魚姫が犠牲にしたものは? 世界中で親から子へと今も親しまれているアンデルセンの物語。その中から『親指姫』『赤い靴』『ある母親の物語』『木の精のドリアーデ』『歯いたおばさん』などヒロインが活躍する15編を厳選。

目次
親指姫
人魚姫
赤い靴
マッチ売りの少女
ある母親の物語
あの女は役たたず
ふたりのむすめさん
ユダヤ人の娘
どろ沼の王さまの娘
パンをふんだ娘
アンネ・リスベス
おばさん
木の精のドリアーデ
アマー島のおばさんに聞いてごらん
歯いたおばさん
解説 天沼春樹

著者プロフィール

アンデルセン

Andersen,Hans Christian

(1805-1875)デンマークのオーデンセに、貧しい靴屋の子として生れる。小学校にもろくに通えなかったが、読書によって文学的指向が育てられた。無一文で首都コペンハーゲンに出、自費出版したユーモラスな旅行記『ホルメン運河からアマーア島東端までの徒歩旅行』が売れて文壇出世作となる。浪漫的名作『即興詩人』で世界に名声が広がり、『人魚姫』を含む第三童話集刊行以降は、近代童話の確立者としても世界に認められた。

天沼春樹

アマヌマ・ハルキ

1953(昭和28)年埼玉県川越市生れ。作家・翻訳家・ドイツ文学者。また日本を代表する飛行船研究家でもある。著作に『くらやみざか』、訳書に『アンデルセン童話全集』他多数。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

アンデルセン
登録
天沼春樹
登録
文芸作品
登録
評論・文学研究
登録

書籍の分類