ホーム > 書籍詳細:人生論

人生論

トルストイ/著 、原卓也/訳

506円(税込)

発売日:1975/11/25

書誌情報

読み仮名 ジンセイロン
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-206017-9
C-CODE 0197
整理番号 ト-2-13
ジャンル エッセー・随筆、評論・文学研究、ノンフィクション
定価 506円
電子書籍 価格 506円
電子書籍 配信開始日 2016/07/01

生命とは何か。幸福とは何か。ロシアの大文豪にして大思索家が到達した、究極の哲学的考察。

いっさいの自己愛を捨て、理性的意識に生きることによってのみ、人間は真の幸福を獲得することができる――人間いかに生きるべきか? 現世において人間をみちびく真理とは何か? 永年にわたる苦悩と煩悶のすえ、トルストイ自身のこの永遠の問いは、本書にみごとに結実した。誤ることのない鋭い観察力と、愛の直感と心の目で綴った、人生についての内面的、哲学的な考察。

著者プロフィール

トルストイ

Tolstoj,Lev N.

(1828-1910)19世紀ロシア文学を代表する巨匠。ヤースナヤ・ポリャーナに地主貴族の四男として育つ。ルソーを耽読し大学を中退後、暫く放蕩するが、従軍を機に処女作『幼年時代』等を発表、賞賛を受ける。帰還後、領地の農民の教育事業に情熱を注ぎ、1862年の幸福な結婚を機に『戦争と平和』『アンナ・カレーニナ』を次々に完成。後、転機を迎え、「神と人類に奉仕する」求道者を標榜し、私有財産を否定、夫人との不和に陥る。1899年『復活』を完成。1910年、家出の10日後、鉄道の駅長官舎で波瀾の生涯を閉じた。

原卓也

ハラ・タクヤ

(1930-2004)東京生れ。東京外国語大学ロシア語科卒。同大教授、学長を歴任。トルストイ、チェホフ、ドストエフスキー等の翻訳多数。著書に『スターリン批判とソビエト文学』等。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

トルストイ
登録
原卓也
登録
エッセー・随筆
登録
評論・文学研究
登録

書籍の分類