ホーム > 書籍詳細:人形の家

人形の家

イプセン/著 、矢崎源九郎/訳

440円(税込)

本の仕様

発売日:1953/08/24

読み仮名 ニンギョウノイエ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫、電子書籍
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-209601-7
C-CODE 0197
整理番号 イ-1-1
ジャンル 戯曲・シナリオ、評論・文学研究
定価 440円
電子書籍 価格 396円
電子書籍 配信開始日 2018/03/23

小鳥のように愛され、平和な生活を送っている弁護士の妻ノラには秘密があった。夫が病気の時、父親の署名を偽造して借金をしたのだ。秘密を知った夫は社会的に葬られることを恐れ、ノラをののしる。事件は解決し、夫は再びノラの意を迎えようとするが、人形のように生きるより人間としていきたいと願うノラは三人の子供も捨てて家を出る。近代劇確立の礎石といわれる社会劇の傑作。

著者プロフィール

イプセン Ibsen,Henrik

(1828-1906)ノルウェーの劇作家。幼くして家が破産し、風刺的な詩や戯曲などを書きはじめる。創刊した週刊誌は廃刊、支配人となった劇場も経営不振で閉鎖の憂き目にあうが、戯曲『ブラン』(1866)がようやく世に認められ、『人形の家』(1879)で不動の名声を得る。その後は『幽霊』(1881)『民衆の敵』(1882)などの戯曲を世に送り、近代演劇だけでなく、女性解放運動にも大きな影響を与えた。

矢崎源九郎 ヤザキ・ゲンクロウ

(1921-1967)北欧文学者、言語学者。山梨県生れ。東京帝大言語学科卒。東京教育大で教鞭をとる。アンデルセン『童話名作集』、デ=アミーチス『クオレ 愛の学校』など多数の訳書がある。

感想を送る

新刊お知らせメール

イプセン
登録する
矢崎源九郎
登録する
戯曲・シナリオ
登録する
評論・文学研究
登録する

書籍の分類

この分類の本

人形の家

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto

人形の家

以下のネット書店よりご購入ください。

※ 詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

電子書店

Shincho Live!