ホーム > 書籍詳細:八月の光

1,045円(税込)

発売日:1967/09/01

書誌情報

読み仮名 ハチガツノヒカリ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-210201-5
C-CODE 0197
整理番号 フ-6-1
ジャンル 文芸作品
定価 1,045円

人種偏見に異様な情熱をもやす米国南部社会に対して反逆し、殺人と凌辱の果てに逮捕され、惨殺された黒人混血児クリスマスの悲劇。

著者プロフィール

ウィリアム・フォークナー

William,Cuthbert,Faulkner

(1897-1962)米国ミシシッピー州生れ。曾祖父は鉄道建設者・政治家・作家として知られた人物。第1次大戦で英国空軍に参加し、除隊後ミシシッピー大学に入学するが退学、職業を転々とする。地方紙への寄稿から小説を書きはじめ、『響きと怒り』(1929)、『サンクチュアリ』(1931)、『八月の光』(1932)などの問題作を発表。米国を代表する作家の一人となる。1950年にノーベル文学賞を受賞した。

加島祥造

カジマ・ショウゾウ

(1923-2015)東京生れ。カリフォルニア大学クレアモント大学院修了。戦後、詩誌「荒地」同人となる。信州大、横浜国大、青山学院短大教授を歴任。著書に『フォークナーの町にて』など。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

ウィリアム・フォークナー
登録
加島祥造
登録
文芸作品
登録

書籍の分類