ホーム > 書籍詳細:シーシュポスの神話

シーシュポスの神話

カミュ/著 、清水徹/訳

649円(税込)

発売日:1969/07/15

書誌情報

読み仮名 シーシュポスノシンワ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-211402-5
C-CODE 0198
整理番号 カ-2-2
ジャンル エッセー・随筆、評論・文学研究、ノンフィクション
定価 649円

わずか8頁の評論に全世界が感動した。天才カミュの神髄。

神々がシーシュポスに科した刑罰は大岩を山頂に押しあげる仕事だった。だが、やっと難所を越したと思うと大岩は突然はね返り、まっさかさまに転がり落ちてしまう。――本書はこのギリシア神話に寓してその根本思想である“不条理の哲学”を理論的に展開追究したもので、カミュの他の作品ならびに彼の自由の証人としてのさまざまな発言を根底的に支えている立場が明らかにされている。

著者プロフィール

カミュ

Camus,Albert

(1913-1960)アルジェリア生れ。フランス人入植者の父が幼時に戦死、不自由な子供時代を送る。高等中学(リセ)の師の影響で文学に目覚める。アルジェ大学卒業後、新聞記者となり、第2次大戦時は反戦記事を書き活躍。またアマチュア劇団の活動に情熱を注ぐ。1942年『異邦人』が絶賛され、『ペスト』『カリギュラ』等で地位を固めるが、1951年『反抗的人間』を巡りサルトルと論争し、次第に孤立。以後、持病の肺病と闘いつつ、『転落』等を発表。1957年ノーベル文学賞受賞。1960年1月パリ近郊において交通事故で死亡。

清水徹

シミズ・トオル

1931年、東京生れ。東大仏文科卒。明治学院大学教授。『廃墟について』等の著書、カミュ、ビュトール『時間割』(クローデル賞)、『ヴァレリー全集』(編・分担訳)等の訳書がある。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

カミュ
登録
清水徹
登録
エッセー・随筆
登録
評論・文学研究
登録

書籍の分類