ホーム > 書籍詳細:自閉症だったわたしへ

自閉症だったわたしへ

ドナ・ウィリアムズ/著 、河野万里子/訳

869円(税込)

発売日:2000/07/01

書誌情報

読み仮名 ジヘイショウダッタワタシヘ
シリーズ名 新潮文庫
発行形態 文庫
判型 新潮文庫
ISBN 978-4-10-215611-7
C-CODE 0198
整理番号 ウ-19-1
ジャンル 評論・文学研究、ノンフィクション、歴史・地理
定価 869円

信じよう。どこかにきっと、わたしの居場所がある。

わたしってそんなに「変でおかしな子」なの? 幼い頃から、周囲の誰ともうまくつきあうことができず、いじめられ、傷つき苦しみ続けた少女――。家族にも、友達にも、学校にも背を向け、たった一人で自分の居場所を求めて旅立った彼女が、ついに心を通い合わせることができる人にめぐりあい、自らの「生きる力」を取り戻すまでを率直に綴った、鮮烈にきらめく、魂の軌跡の記録。

著者プロフィール

1963年、オーストラリア生れ。幼い頃からの記憶を綴った『NOBODY NOWHERE』(『自閉症だったわたしへ』)を1992年に発表。世界で初めて自閉症者の精神世界を内側から描いた同書は、十数カ国語に翻訳されて世界的ベストセラーとなった。1994年には続編の『SOMEBODY SOMEWHERE』(『自閉症だったわたしへII』)を発表。現在はイギリス在住。

河野万里子

コウノ・マリコ

1959年生れ。上智大学外国語学部フランス語学科卒業。主な訳書にウィリアムズ『自閉症だったわたしへ』、サン=テグジュペリ『星の王子さま』、サガン『悲しみよこんにちは』、レヴィ『あたしのママ』など。

この本へのご意見・ご感想をお待ちしております。

感想を送る

新刊お知らせメール

ドナ・ウィリアムズ
登録
河野万里子
登録
評論・文学研究
登録

書籍の分類